メルセデス・ベンツ 最小サルーン「Aクラス セダン」市販化決定!開発車輌をキャッチ

メルセデス・ベンツ最小の4ドアサルーンとなる『Aクラス セダン』(仮称)プロトタイプを、カメラが初めて捉えました。

捉えた開発車両は、2017年4月の上海モーターショーで初公開されたコンパクト・プレミアムセダン『メルセデス・ベンツ コンセプトAセダン』の市販型で、初公開以来初のスパイショットです。

プロトタイプからはメルセデスらしい落ち着いた雰囲気が感じられます。Aクラスベースの4ドアクーペ『CLA』ほど極端なクーペルーフではなく、後部座席に十分な空間をもたらし、トランクルーム容量も多く実用性が高くなるはずです。

コンセプトモデルではフィンが縦に配置されたAMGグリルに鋭いヘッドライトで威圧感がありましたが、市販型ではベーシックなフロントエンドが予想されます。一部見えているテールライトは、コンセプトデザインに似ているほか、ボディシルエットも限りなくコンセプトモデルに近いイメージです。

パワートレインは1.5リットルディーゼル、または1.6リットルガソリンエンジンや2リットルターボディーゼルが想定されます。日本発売は2019年と予想され、販売予想価格は「CLA」より安く設定される見込みです。

(APOLLO)

メルセデス・ベンツ 最小サルーン「Aクラス セダン」市販化決定!開発車輌をキャッチ(http://clicccar.com/2017/09/09/508814/)

【関連記事】メッシュグリル&新テールライトでスポーティに。スズキ・エスクード改良型、もうすぐ公開!ファストバックだった!メルセデスAMG GT 4ドアの後部デザインが完全露出BMWの2千万円最高級クーペ「8シリーズ」、次世代イカリング装着市販モデルを初スクープ!