【空気なしタイヤ試乗】タイヤとして使える可能性を確認! これからの進化に期待が高まらずを得ない!!

発表されたばかりの空気なしで走れるタイヤ「TOYO noair(ノアイヤ)」。

空気いらずのタイヤは各社が研究・発表していますが、試乗させるというのは私は聞いたことがありません。

東洋ゴム工業がその先陣を切ったということは、ドリフトへのチャレンジや、有名サッカーチームとのコラボ動画など、安定志向でない、という攻めの姿勢の意思表示のようにも思えます。

今回は万博記念公園内のクルマを走らせるにはやや狭いと言えるアスファルト路面ですが、世の中にないスタイルのタイヤ、その出来栄えの一部を味わうことができました。

試乗したのはスズキ・アルト。軽量で負荷が少ないけれど、その分、タイヤの影響、特に音や振動には厳しいテスト車と言えるでしょう。

試乗の前の記者発表、事前の説明では、「性能面で既存の空気入りタイヤと違わないもしくは上回る部分が多くあった」と聞いています。当然、「フツウのタイヤ」という印象に近いのか、という先入観があります。

正直言って、そういう気持ちで乗ると、だいぶ違う印象です。

確かに、普通に走って、普通に曲がって、普通に止まる、という部分では、低速走行ではどうやら空気入りタイヤに劣る部分はそれほどないように感じます。

けれど、一般的に、ハンドルを切った状態で走ると直進に戻ろうとするセルフセンタリングの働き。ニュートラル(直進状態)付近での手応えの少なさ。通常、ハンドルを切り込んでいったとき重くなる力の変化のなさ。などが、「違和感」と感じる部分でした。

ただし、タイヤについて少し知識があればそれは当然、と思えるはずです。

今回のコンセプト・タイヤは、ペタンとしたトレッド面のタイヤです。タイヤ断面が丸ければ(極端に言えば自転車のタイヤのように)、直進状態とハンドルを切った時の違いがわかりやすく出るのは想像できますが、フラットな面ではそれとは逆の傾向になるのは当たり前なのです。

路面からの音も大きめに感じましたが、軽自動車「アルト」で初めて走る路面ですので、そこは大きいとか小さいとかはわかりませんでしたが、少なくとも「異様にうるさい」とかではなかったです。

一般のタイヤ接地面には刻まれる複雑な模様も、このコンセプト・タイヤでは太い縦の溝だけです。これで、ウェット制動の性能は十分に確保できているとのことです。

つまり、同じような形状で空気入りタイヤを作ったら、同じような性能になったんじゃない?と言えるレベルだ、とも思えるわけです。

逆に言うと、空気入りタイヤの形状と同様に仕上げれば、同じような特性のコンセプト・タイヤになったかもしれん、ってことですね。

ただし、高速走行ではやや微振動があったとテストドライバー氏からの発言もあります。高速だけでの振動はバランス取りが空気入りタイヤでも必要です。どの程度、どんなバランス取りが必要か、という課題が見えただけでも大きな進化と言えるのだと思います。

まとめると、普通に走って使えるだけのポテンシャルはあったんだと思えました。課題が見えてきたことも大きな進歩だと言えるでしょう。

テストに供されたもう一台の車両、電気自動車のFOMMなどで、これからのコミューターをこれからのタイヤで育てていく。そんな気概とか夢みたいなのが今の自動車業界や日本の産業界に必要かな、とさえ思えました。

ベンチャー企業を嘲笑うのではなく、創業者の志を全日本自動車産業で持っていれば、こんなに強いものはない、と感じます。

余談ですが、先日の日産リーフの発表会も、世界初公開であればここまでクルマを中心にした見応えのある発表会にできるんだなと感じたばかりです。

このコンセプト・タイヤはそこまで期待させてくれる中間報告でした。このコンセプトに限らず、いやがおうにも東洋ゴム工業の今後に期待が高まります。そう感じました。

奇しくもここは、50年ほど前に日本中を巻き込んで盛り上げた万博会場。再びこの地で未来予想図がお披露目されたと思わずにもいられませんでした。

(clicccar編集長 小林 和久)

【空気なしタイヤ試乗】タイヤとして使える可能性を確認! これからの進化に期待が高まらずを得ない!!(http://clicccar.com/2017/09/09/508882/)

【関連記事】夢の空気がいらないタイヤ「noair(ノアイア)」を東洋ゴム工業が発表! 実走行結果を一般公開BFグッドリッチがトラック・トレーラー用タイヤを日本に初投入。その理由とは?【新車】SUBARU WRX STIの圧倒的な走りを支えるヨコハマタイヤ「ADVAN Sport V105」