【新車】歩行者にも対応する「スマートアシストV」をダイハツ・ムーヴ・キャンパスに設定。さらに安全性を向上

【新車】歩行者にも対応する「スマートアシストV」をダイハツ・ムーヴ・キャンパスに設定。さらに安全性を向上

【新車】歩行者にも対応する「スマートアシストV」をダイハツ・ムーヴ・キャンパスに設定。さらに安全性を向上の画像

2017年9月11日、ダイハツ・ムーヴ・キャンバスが一部改良を受けました。キュートなスタイリングや2トーンを含むカラーリング、両側スライドドアや広くて使いやすいスペースを強みに、親子(母娘)や子育て層など幅広いターゲットに据えることでニーズを着実に取り込んでいます。

今回受けた一部改良では、歩行者にも緊急ブレーキ対応する衝突回避支援システム「スマートアシストV」が搭載されています。「スマートアシストV」と、従来から採用されている「パノラマモニター」により運転や駐車をサポートすることで安全性向上をアピール。

なお、「スマートアシスト」は2012年12月に軽自動車初の衝突回避支援システム(2012年12月時点。ダイハツ調べ)として採用されて以降、搭載車の累計販売台数が140万台を超えているそうです。

最新の「スマートアシストV」は、タント、ミラ イース、ムーヴに搭載され、今回のムーヴ・キャンバスで4車種目。ムーヴ・キャンバスの価格帯は、1,188,000円〜1,668,600円となっています。

(塚田勝弘)

【新車】歩行者にも対応する「スマートアシストV」をダイハツ・ムーヴ・キャンパスに設定。さらに安全性を向上(http://clicccar.com/2017/09/12/509877/)

【関連記事】【新車】SUBARUインプレッサがB型に移行。「アイサイト」をアップデート【新車】SUBARU BRZが一部改良、10月5日発売! 同時にSUBARU BRZ STI Sportも追加されるか!?フルモデルチェンジ直前でもN-BOXは1万台オーバー!2017年8月の軽自動車セールスランキング速報