トヨタが13年ぶりに「ハイラックス」を国内導入!全国トヨタ店で発売へ

トヨタが13年ぶりに「ハイラックス」を国内導入!全国トヨタ店で発売へ

トヨタが13年ぶりに「ハイラックス」を国内導入!全国トヨタ店で発売への画像

トヨタ自動車が9月12日、ピックアップトラック「ハイラックス」(5人乗り)を13年ぶりに日本市場へ導入、全国のトヨタ店を通じて発売しました。

ハイラックスは1968年の発売開始以来、約180ヶ国と地域で販売しており、累計世界販売台数は約1,730万台に達するなど、世界各国で愛用されています。

開発責任者の前田昌彦CEは、「2004年に国内で販売を終了したものの、現在も約9,000名のユーザーが存在しており、ハイラックスを復活させて欲しいという多くの声に応えるべく、再販を決めた」との経緯を説明。

加えて、「毎年の車検や高速道路通行料金などの点から、選択肢に入り難いクルマではあるものの、堂々とした佇まいや、人とは違うモノを所有する喜び、世界中で鍛え抜いたタフさを持ち合わせているクルマであり、“人生を楽しみたい”という思いを抱く団塊世代のユーザーに、アクティブなライフスタイルを送って頂くための一助になることを期待している」としています。

「ハイラックス」の主な特徴は以下となります。

・全長5,335×全幅1,855×全高1,800mm、W/B 3,085mm
・経産省と国交省が推進する「セーフティ・サポートカー」に準拠
・プリクラッシュセーフティ、レーンディパーチャーアラートを搭載、安全性に配慮
・低回転域でも高トルクを発揮する2.4Lディーゼルエンジン「2GD-FTV」を搭載
・2駆、4駆をダイヤル操作で選択可能なパートタイム4WDシステムを装備
・「ヒルスタートアシストコントロール」「ドライブスタートコントロール」を標準装備
・オンロード、オフロード共に優れた走行安定性と乗り心地を確保
・リヤバンパーの低配置により荷物の積み降ろしに配慮
「2GD-FTV」エンジンは150ps/40.8Kgmを発生。11.8km/L(JC08モード)を達成。サスペンションはフロントがダブルウイッシュボーン式でリアがリーフスプリング式。

生産工場はTMT(タイ工場)で、販売目標台数は2,000台/年。10月21日(土)、22日(日)に全国のトヨタ店で店頭発表会を予定しているそうです。

(Avanti Yasunori・画像:TOYOTA)

【関連記事】

人気のピックアップトラック、8代目「トヨタ・ハイラックス」が9月12日から国内販売!?
https://clicccar.com/2017/08/14/501223/

【関連リンク】

TOYOTA HILUX
http://toyota.jp/hilux/

トヨタが13年ぶりに「ハイラックス」を国内導入!全国トヨタ店で発売へ(http://clicccar.com/2017/09/12/510176/)

【関連記事】4列シートで10人乗りのハイエース・ラグジュアリーに注目のトヨタ【インドネシアモーターショー2017】欧州自動車各社が「ディーゼル脱却」を目指すなか、トヨタがHVで快走!ワールドプレミアが近づく「トヨタ・スープラ」の最新情報。MTモデル設定&400馬力のV6モデルが追加?