【フランクフルトモーターショー2017】量産EVのデザイン・技術を示す「Honda Urban EV Concept」を初披露

【フランクフルトモーターショー2017】量産EVのデザイン・技術を示す「Honda Urban EV Concept」を初披露

【フランクフルトモーターショー2017】量産EVのデザイン・技術を示す「Honda Urban EV Concept」を初披露の画像

世界中の自動車メーカーが電動化車両へ舵を切りつつある中、予告通りホンダはフランクフルトモーターショー(プレスデー:9月12日〜13日、一般公開日:9月14日〜24日)において「Honda Urban EV Concept(アーバンイーブイコンセプト)」を世界初公開しました。

注目は、新開発となるEV専用プラットフォーム。「Honda Urban EV Concept」は、2019年にも欧州で発売するという量産EVの将来の技術とデザインの方向性を示すコンセプトという位置づけです。

また、ガソリンやディーゼルエンジン車から電動化にシフトする将来の欧州を見据えて、今後発売されるすべての新型車にハイブリッドを含めた電動化技術を搭載することも発表しています。

「Honda Urban EV Concept」の外観は、「キビキビした走りの楽しさ」と「愛着を感じる、親しみやすさ」をアイコニックに表現。ロー&ワイドのシンプルなたたずまいと、欧州向けの「ジャズ(日本名フィット)」よりも100mm短い全長により、都市の移動に最適なコンパクトサイズとしています。

AセグメントとBセグの両方をカバーするようなサイズ感でしょうか。コンセプトカーらしくフロント部分には充電状況やドライブへの助言、挨拶などを多言語で表示できるディスプレイが設置されています。

大型ディスプレイが配置されているインテリアはAIを使った「Honda Automated Network Assistant」により、「人とクルマとの新しい関係性」を提案するとしています。

また、スリムなAピラーとワイドな前面ガラスにより遮るものを最小限に抑え圧倒的な開放感を実現しているそうで、コンセプトカーらしいとも言えますが、フロントドアに採用されたリヤヒンジ式のコーチドアが採用されています。

コンソール裏から左右ドアにまで伸びたスクリーンに囲まれ、両サイドのスクリーンはサイドミラーの機能として車両外部に取り付けられたカメラの映像が映し出されます。

さらに、ダッシュボード上のスクリーンには航続可能距離などの走行情報のほか、「Honda Automated Network Assistant」によるパーソナルコンシェルジュ機能により、ドライバーのライフスタイルや過去の行先、嗜好を学習して状況に応じた提案をするほか、ドライバーの表情や声の調子からストレス状況を判断して安全運転のサポートまでしてくれるそうです。

また、フランクフルトモーターショーでは「Honda Power Manager Concept(パワーマネージャーコンセプト)」も同時に発表されています。

車両などのモビリティと暮らしをつなぐパワーコンディショナーで、太陽光などの再生可能エネルギーや燃料電池車によって発電した電気と系統電力をやり取りして、家庭・EV向けに必要に応じた充放電を行います。同社では、フランス政府が主導するSMILE(SMart Ideas to Link Energies)プロジェクトに参加し、フランス西部で2020年までに展開される実証実験にこのPower Managerを提供するとしています。

(塚田勝弘)

【関連記事】

ホンダが量産EVの「Honda Urban EV Concept(アーバンEVコンセプト)」を世界初公開へ
https://clicccar.com/2017/08/30/505679/

【フランクフルトモーターショー2017】量産EVのデザイン・技術を示す「Honda Urban EV Concept」を初披露(http://clicccar.com/2017/09/13/510349/)

【関連記事】ジャガー・ランドローバーが2020年までに全モデルに電動化仕様を設定することを発表【フランクフルトモーターショー2017】クーペと同等の速さと色気を備えた、アヴェンタドールSロードスターが公開【新車】VTECエンジンと軽量ボディのホンダ N-BOXを公道試乗。まるで全高が下がったような軽快な走り