あの開放感がたまらないッ!レース終了後のお楽しみとは?【F1女子シンガポールGP観戦記】

あの開放感がたまらないッ!レース終了後のお楽しみとは?【F1女子シンガポールGP観戦記】

あの開放感がたまらないッ!レース終了後のお楽しみとは?【F1女子シンガポールGP観戦記】の画像

F1女子シンガポールGP観戦記、今回は「イベント、サーキット編」をお届けします。

F1グランプリの開催中、シンガポールの街はF1一色! あらゆるところでF1スポットを発見しました。

Raffles Cityショッピングセンターには歴代シンガポールGPウィナーや名シーンのパネルが展示されていて、一緒に行った母と妹と「こんなことあった、あった!」と大盛り上がり!

アロンソタクシー(2013年)の写真もありました。 懐かしー!!

ショッピングモールのサンテックシティにはルノーブースが出現。F1ショーカーや市販車が展示されていました。こちらでは土曜日に、ニコ・ヒュルケンベルグ選手のトークショーが行われたそうです。

シンガポールGP観戦記その@で紹介した大きなステージでは、レッドブルF1チームのオフィシャルパートナー、TAGホイヤーのイベントが行われました。イベント前には地元の楽団やアーティストの演奏があり、集まったお客さんもノリノリ。そして盛り上がったところで、マックス・フェルスタッペン選手が登場しました!

イベントでは地元のカートレーサーとチームを組み「グランツーリスモSPORT」に挑戦。フェルスタッペン選手はコーチ役で、チームメイトの走りを真剣に見つめていました。

またトークショーでは俳優のパトリック・デンプシーさんとシンガポールGPに関するクイズ対決も行われたのですが、超真剣に考えている負けず嫌いな姿が可愛い! 時折見せるくしゃっと笑う顔もたまりません。

まさか水曜日からドライバーに会えるとは思ってもいなかったので、イベント中は興奮しっぱなし!  至福の時間を過ごすとができました。

ちなみに、このイベントが行われたのは水曜日の夕方。場所はオチャードロードでした。もし現地に早く行けるのであれば、街に繰り出してみるとこのようなイベントに遭遇できるかもしれませんよ!

サーキット内にも楽しい事がたくさんありました。

シンガポールGPでは、サーキットの様々な場所で毎日ライブが行われています。特に毎年多くのお客さんが訪れるのが、PADANGステージ。Duran DuranやAriana Grandeなどのビッグアーティストがグランプリを盛り上げました。

しかもこのライブ、チケットがあれば無料で見れちゃうんです! 夜の野外ライブは最高でした!!

無料といえば、世界最大級の観覧車「シンガポールフライヤー」もグランプリ期間中は無料で乗ることができます。フライヤーから憧れのパドックまで覗くことができ、誰か歩いてないかなーなんて目を凝らしてみたり(笑)

個人的には日が落ちてから乗るのが好きです。シンガポールの夜景、暗闇に浮かび上がるサーキット、その中を走るマシンが一望でき、日常の喧騒を忘れさせてくれる夢のような時間でした。

そしてシンガポールGPのお楽しみは、レース終了後にもあります。

レース終了間際、後ろ髪を引かれる思いでピットグランドスタンドA1、ACブロックの間へ移動。実はここからコースに入ることができ、表彰式を近くで見ることができるんです! 私が行った時には、もう人だかりができていました。

勝者ルイス・ハミルトン選手がチェッカーを受けるとたくさんの花火が打ち上がり、集まったファンのテンションも最高潮に!「開けろー!」と叫ぶ声もだんだん揃ってきました。

しばらくすると、コース脇の金網がオープン! ここで毎回驚かされるのが、マナーの良さ。これだけたくさんの人が一斉に動くというのに、コースに入るまで追い抜いたり押したりする人がいないんです。おかげで怖い思いをせず、コースに入ることができました。

コースに入るあの瞬間は、何度経験しても最高に気持ちが良い!  ほんの数分前まで、ここでレースが繰り広げられていたんだなと思うと感動もひとしおです。

ナイトレースということもあり、いつもより開放的な気分になれるシンガポールGP。他のグランプリでは味わうことができない、特別な思い出がたくさんできました。

しかーし、シンガポールGPの楽しみはまだまだあります!  次回は「ドライバー追っかけ編」をお送りします。お楽しみに☆

(yuri)

【関連リンク】

シンガポールのエスカレーターはびっくりするほど速かった!【F1女子シンガポールGP観戦記】
https://clicccar.com/2017/09/27/511072/

あの開放感がたまらないッ!レース終了後のお楽しみとは?【F1女子シンガポールGP観戦記】(http://clicccar.com/2017/10/02/511078/)

【関連記事】ダンロップの競技用タイヤ 「DIREZZA 03G」にソフトコンパウンドの新スペック「S5」が追加。ファンの熱気は世界一! 他にはないオリジナル応援グッズでF1日本GPは盛り上がる!!【2017年F1日本GP】終盤戦の飛躍をめざす、SUBARU BRZ GT300の鈴鹿ラウンドを振り返る【SUPER GT2017】