【フランクフルトモーターショー2017】ミラーレスのデジタルミラーが拡張するコンチネンタルのコクピット

【フランクフルトモーターショー2017】ミラーレスのデジタルミラーが拡張するコンチネンタルのコクピット

【フランクフルトモーターショー2017】ミラーレスのデジタルミラーが拡張するコンチネンタルのコクピットの画像

フランクフルトモーターショーにおいて、ドイツのコンチネンタルが「コックピットビジョン2025」を発表しました。

クルマのコクピットに革命をもたらすという同コクピットビジョンは、シームレスに形状を変更できるインターフェースフェースであり、将来的にはデジタルミラーや車両周辺環境の大規模な拡張など、 すべての機能が利用できるそうです。

このコックピットビジョンには、ヒューマン・マシン・インターフェース(HMI)の幅広い機能が用意されています。たとえば、 複合現実のデモでは格納式ステアリングや、従来の車外ミラーの代わりに必要に応じて伸張するミラーディスプレー、画面上の機能拡張や拡張現実ヘッドアップディスプレー(HUD)を展示。

デモでは、スマートコントロールを使っての自動運転中に、車両からドライバーへと責任(役割)が切り替わる際にドライバーを直観的に支援する特殊な入力デバイスを試すことができます。

このデバイスは、 車両が自動運転するかどうか、またはそのまま運転してよいかに関する情報が提供されるとともに、車両の操作にも使用。

そのほか、 必要に応じてディスプレーの表示・非表示を切り替えるモーフィングインターフェースをはじめ、特定の場所に関する情報を表示したり、映画を再生したりするためのモニターとしても使用可能なフロントガラスなども展示されました。

自動車業界では、自動運転技術がキーワードになって久しいですが、現在の手動運転(たとえば、アダプティブクルーズコントロールのスイッチ操作など)であっても課題を感じさせるインターフェイスが多いのが現状です。

より高度化する自動運転時代、自動運転と手動運転を容易に切り替えるインターフェイスの開発などは容易ではなさそうです。

(塚田勝弘)

【フランクフルトモーターショー2017】ミラーレスのデジタルミラーが拡張するコンチネンタルのコクピット(http://clicccar.com/2017/09/16/511809/)

【関連記事】【フランクフルトモーターショー2017】ディスカバリーシリーズの頂点に位置づけられる、ディスカバリーSVXはオンもオフも圧倒的な性能で走破!【フランクフルトモーターショー2017】独・シェフラーが燃費削減に大きく貢献するドライブシステムを発表【フランクフルトモーターショー2017】最大トルクは先代から170Nmもの増強!450ps/600Nmを誇る新型アウディRS4アバントが登場