【フランクフルトモーターショー2017】0−100q/hたったの2秒! 日本発の世界最速スーパーカーが誕生するか?

【フランクフルトモーターショー2017】0−100q/hたったの2秒! 日本発の世界最速スーパーカーが誕生するか?

【フランクフルトモーターショー2017】0−100q/hたったの2秒! 日本発の世界最速スーパーカーが誕生するか?の画像

今年も行ってきました!フランクフルトモーターショー。

フランス・パリとドイツ・フランクフルトは交互開催で行われ、今年はフランクフルトの年。

例年通り、ドイツメーカーは相変わらず力が入っていますが、一方で日産やインフィニティ、ボルボ、GM、プジョー、フィアット、クライスラー、アルファロメオといったメーカーが出展しておらず、少し寂しいフランクフルトショーになるのでは?と思っていましたが、見た感じ、例年と大きな違いは感じられませんでした。

そんな中、見慣れないクルマとブースを発見!

「このクルマは何?」と思いつつ、写真撮影し、少しブースを離れたところで日本語でのプレスコンファレンス。慌てて戻って聞いてみました。

どうやらこちらは日本のASPARK(アスパーク)という会社の「OWL」というEVのコンセプトカーらしい。スタイルはマクラーレンか?フェラーリか?ロータスか?といったスポーツカールック。しかもドアが上に開くバタフライドア。

驚いたのは0-100q/hまでの到達時間がたったの2秒。正確には2秒以下とのこと。あの「ブガッティ ヴェイロン16.4スーパースポーツ」や「ランボルギーニ・アヴェンタドールLP1600-4 MANSONYカーボナードGT」の2.1秒をも上まわる加速力というではありませんか!

ボディはフルカーボンでインテリアはレザー。4年前から開発をはじめ、このフランクフルトモーターショーで世界初公開。

アスパークは大阪にある人材派遣会社で、「技術系の人材派遣で得たノウハウを生かしてクルマを作りました」と語るのはアスパークの吉田眞教CEO。またクルマだけにこだわっているわけではないが、やるからには一番を取りたかった」とのこと。吉田CEOは42歳。チーフエンジニアは31歳。京大で電池の研究をしていたそうです。蓄電にはキャパシタを使用。

車重は850s。

会場のステージ裏には「OWLの世界観を表現した」というVIP用のエリアがあり、3Dの映像が流れています。

また、市販は2年後を予定しており、価格はなんと350万ユーロ(約4億6900万円!)。

そして驚いたのは、絵本のようなOWLのカタログにサインを求めるドイツ人が多数。ドイツではスーパースポーツカーは「スーパーヒーロー」なのかも。

それにしても、実際に販売されるのでしょうか? 期待が高まります。

(吉田 由美)

【フランクフルトモーターショー2017】0−100q/hたったの2秒! 日本発の世界最速スーパーカーが誕生するか?(http://clicccar.com/2017/09/17/512128/)

【関連記事】【フランクフルトモーターショー2017】トヨタ・C-HRのホットバージョンが登場!【フランクフルトモーターショー2017】ミラーレスのデジタルミラーが拡張するコンチネンタルのコクピット【フランクフルトモーターショー2017】ディスカバリーシリーズの頂点に位置づけられる、ディスカバリーSVXはオンもオフも圧倒的な性能で走破!