トロロッソへのパワーユニット供給は未来のレッドブル・ホンダにつながる!?【F1速報×F1女子〜シンガポールGP号〜】

トロロッソへのパワーユニット供給は未来のレッドブル・ホンダにつながる!?【F1速報×F1女子〜シンガポールGP号〜】

トロロッソへのパワーユニット供給は未来のレッドブル・ホンダにつながる!?【F1速報×F1女子〜シンガポールGP号〜】の画像

今年で10回目の開催となったシンガポールGPは初めてのナイトウエットレースとなり、スタートから大混乱! こんな展開ってあるの!?と驚くほど、ドラマチックなレースになりましたよね。

そんなシンガポールGPを改めて振り返りたいのであれば、9月21日(木)発売の「F1速報シンガポールGP号」がオススメ。本誌の見所と合わせてご紹介します!

■FOCUS OF THE GRAND PRIX

スタート直後、フェラーリ2台に挟まれたマックス・フェルスタッペン(レッドブル)は行き場をなくし、キミ・ライコネン(フェラーリ)と接触。ライコネンはコントロールを失いチームメイトのセバスチャン・ベッテルに激突、さらに1コーナーで再びフェルスタッペンに激突し3台ともリタイアとなってしまいました。

あの光景は衝撃的すぎて未だに脳裏に焼き付いて離れません。「FOCUS OF THE GRAND PRIX」から、それぞれの言い分を見てみましょう。
「スタートは平凡だった。それでマックスを牽制しようとちょっと左に寄せたんだ。次の瞬間、左サイドに強い衝撃を感じて、キミのマシンが当たったことが分かった。実際に何がどうなったのか僕にはよく分からない」(セバスチャン・ベッテル)

「幅寄せしてきたのは彼(ベッテル)だからね。僕の左側にキミがいるのが見えなかったのかもしれないが、それは言い訳にはならない。タイトルを争っているのなら、つまらないリスクは冒すべきじゃない。あの時、僕は何とかスペースを空けようとしたんだ。レーシング・アクシデントだとは思っていない。3台があの事故に絡んで、僕が真ん中にいた。ミスもしていなければ、間違ったこともしていない」(マックス・フェルスタッペン)
かなりお怒りのフェルスタッペンに対し、アイスマンはいつだって冷静です。
「僕からはふたりの位置関係が完全に見えていた。マックスをオーバーテイクしたら、右リヤにヒットされた。僕には何もできることはなかったよ。よくある種類の出来事で、それぞれが大きな代償を払った。残念だが、そういうことだ。スチュワードがどう見るのか、何が原因で、何が問題なのかを見極めるには時間がかかるだろうが、アクシデントの原因が何であれ、もはや結果は変わらない。今さら議論しても意味はないね」(キミ・ライコネン)
■TURNING POINT

予選5番手に沈んだルイス・ハミルトン(メルセデス)。オーバーテイクをしにくい市街地コースで優勝どころか表彰台さえ厳しいのではないかと思っていましたが、決勝でのレッドブルを寄せつけない走りは最高にかっこよかった!

「TURNING POINT」ではハミルトン独占勝利の理由をドライバーやチーム関係者の話から分析しているのですが、やっぱり気になるのがハミルトンの心境。あの日、一体どのような気持ちでレースに挑んでいたのでしょうか。

本誌によると、ハミルトンは午後4時にホテルからコースへ徒歩で向かう途中、空から大粒の雨が落ちてきた時、「今日は勝負できる」と確信したといいます。
「アイルトン・セナがモナコでクラッシュしたことを思い出したんだ。実際に自分も同じようなミスを経験していたからね。『集中力を切らすな』って、心の中で叫び続けていた。それはまるで彼(セナ)が僕に語りかけていたかのようだったよ」(ルイス・ハミルトン)
■激動のマリーナ・ベイ

シンガポールGPで一番の衝撃といえば、ホンダとマクラーレンのパートナーシップ解消、そしてトロロッソへホンダパワーユニット供給の決定ではないでしょうか。

「激動のマリーナ・ベイ」ではその内幕を完全レポート。今回の経緯についてマクラーレンチーム代表ザック・ブラウンは以下のように説明しています。
「これは大きな問題だと認識したのは、プレシーズンテストが始まった時だ。1年目の選手権9位については覚悟をしていたし、昨年の6位は一定の進歩を示していた。今年は、そこからさらに前進する必要があったのだが、実際には1年目と同じような状況に陥り、目標の達成は望めそうになかった。求められた結果を出せないプログラムに与えられる期間は3年が限界だ。私たちは、考え直すべき時が来たと感じた」

本誌によると、マクラーレンからはすでに開幕序盤の段階で、提携解消の申し入れがあり、それでも長谷川祐介ホンダF1プロジェクト総責任者は、最後までマクラーレンとの関係継続の可能性を探り続けていたのだそうです。

そんな長谷川総責任者の胸が熱くなるエピソードを紹介しますね。
セッション後の囲み取材で長谷川総責任者は、「来年以降もずっとやっていくつもりでしたし、とにかくマクラーレンと勝ちたかった」と、無念の心境を語った。そして最後に「今は本当に、涙が出るほど残念です」と、絞り出すように発したそのひと言はほとんど涙声だった。(F1速報シンガポールGP号より)

長谷川総責任者が「マクラーレンと勝ちたかった」とおっしゃっているように、私もマクラーレンとホンダの復活を心待ちにしていました。なので、今回のことは本当に無念でなりません。

でも、落ち込んでばかりではいられません。ホンダの未来について明るい情報も書かれていましたよ!
「あるレッドブル関係者によると、トロロッソにはこれから短期間で、一から新設計のギヤボックスを作れるほどのリソースはないため、レッドブル・テクノロジーズが今年のRB13のギヤボックスを改造して、ホンダ仕様に合わせるのだという。19年にはレッドブル・レーシングもホンダ陣営に加わるとの噂は、ここへ来てますます現実味を増している。トロロッソのためのギヤボックス製作は、レッドブルとホンダの大規模なコラボレーションへとつながる最初の一歩になるかもしれない」(F1速報シンガポールGPより)
レッドブル・ホンダF1チーム……、見てみたい!!  F1復帰以来、低迷しているホンダですがトロロッソへのパワーユニット供給を機に、道が開くといいなと思います。そしてかつてのマクラーレン・ホンダのように、今度はレッドブル・ホンダとしてF1界に新たな歴史を築いていってほしいです!

■「鈴鹿NAVI」2017

今号でもう一つ忘れちゃいけないのが、F1日本GP前恒例の特別付録「鈴鹿NAVI」です。

こちらにはエントリーリスト、サーキット観戦ガイド、アクセス情報、イベントガイド、サーキット周辺マップ、グルメ、公式グッズなど日本GPを100%楽しむための情報がぎっしり。初めて日本GPに行くよー! という方にはぜひ観戦のお供に持ち歩いてもらいたい一冊です。

シンガポールGPでの出来事を振り返りつつ、日本GPの予習もできちゃう「F1速報シンガポールGP号」は書店、三栄書房オンライン通販で好評発売中です!

(yuri)

【関連リンク】

三栄書房オンライン通販
http://www.sun-a.com/sp/tuhan/

トロロッソへのパワーユニット供給は未来のレッドブル・ホンダにつながる!?【F1速報×F1女子〜シンガポールGP号〜】(http://clicccar.com/2017/09/25/513850/)

【関連記事】F1史上初のナイトウエットレースでハミルトン優勝!現地で感じたダニエル・リカルドの人気の理由とは?【2017年F1第14戦シンガポールGP】予選Q1走行決定はディナーの席で伝えられた!? 鈴鹿1000kmのジェンソン・バトン参戦レポート【SUPER GT SUZUKA 1000km 】フェラーリ創業70周年記念特集!全20サーキット特性リストからチャンピオンシップを占う【F1速報×F1女子〜イタリアGP号〜】