【新車】無駄を排除した「引き算」から生まれたレンジローバー・ヴェラール

【新車】無駄を排除した「引き算」から生まれたレンジローバー・ヴェラール

【新車】無駄を排除した「引き算」から生まれたレンジローバー・ヴェラールの画像

レンジローバーシリーズに新投入された4番目のモデル「レンジローバー・ヴェラール」は、全長が4820mm、全幅が1930mm、全高が1685mmと堂々としたボディサイズを持っています。シリーズ中ではミディアムという位置づけですが、日本の道路で試乗すると、やはりかなりの大きさを感じます。

レンジローバー・ヴェラールは、どこから見てもランドローバー一族、そしてレンジローバーの直系を感じさせるデザインですが、全体的にはフラッシュサーフェスを効かせた現代的なデザインでまとめられています。

エクステリアの基本はReductionism(還元主義)という理念に基づき、無駄を排除したデザインであると解説されました。ボディを構成するあらゆるパーツを連続感あふれるすっきりとしたデザインとしています。その連続感はドアノブにまで及び、走行時は収納、乗降時のみにせり出す機構が組み込まれています。

インテリアについても同様にスッキリとしたシンプルなデザインとなっています。とくにインパネまわりは特徴的で、水平基調のダッシュパネルのセンターに10.2インチのモニターを配置。メーターは曲面構成されるカバー内に収められます。センターコンソールまわりのスイッチは極力減らされ、物理スイッチは大2、小1のみとなり、多くの操作はモニターのタッチパネルで行う方式です。非常に先進的なインパネまわりなのですが、チルトステアリングが電動ではなくマニュアルで、さらにそのロック解除がやりづらいことが気になりました。

内装材にはレザー素材に加えて新しい、プレミアムテキスタイルと呼ばれる新しいファブリックが採用されました。このファブリックはジャガーランドローバーとデンマークのテキスタイルメーカーKvadrat(クヴァドラ)社とのコラボレーションで生まれたもので、自動車業界としては初採用となります。

シンプルでプレーンなエクステリアと先進的なインテリアが組み合わされたレンジローバー・ヴェラールは、どこかノスタルジックな香りが漂うモダンさをもつモデルに仕上がっているのです。

(文・写真:諸星陽一)

【関連記事】

【新車】ジャガー・Fペイスと共通のプラットフォームを持つ、レンジローバー「ヴェラール」の位置づけは?
https://clicccar.com/2017/10/11/512484/

【新車】無駄を排除した「引き算」から生まれたレンジローバー・ヴェラール(http://clicccar.com/2017/10/11/514628/)

【関連記事】【新車】ジャガー・Fペイスと共通のプラットフォームを持つ、レンジローバー「ヴェラール」の位置づけは?新型ホンダN-BOXが発売約1カ月で5万2000台超の受注を獲得!走りの美点と気になる点とは?【新車試乗】上質さは増したものの楽しさは少し減った!? 4代目スイフトスポーツの走りをチェック