二つの相反する性能を両立させ、さまざまな車種に幅広く適応する新タイヤ【コンチネンタル・プレミアムコンタクト6】

二つの相反する性能を両立させ、さまざまな車種に幅広く適応する新タイヤ【コンチネンタル・プレミアムコンタクト6】

二つの相反する性能を両立させ、さまざまな車種に幅広く適応する新タイヤ【コンチネンタル・プレミアムコンタクト6】の画像

コンチネンタルはドイツ最大のタイヤメーカーで欧州生産される新車の純正採用率ではNo.1を誇る。

タイヤの開発能力は高く、先進技術をどんどん取り入れており、ウェット性能が高いことで定評があるが、これはコンチドロームと呼ばれるテストコースの効果だ。ドイツ北部に位置するハノーバー近郊にあるコンチドロームでは40年ほど前から自動散水設備が整ったウェットハンドリング路や、高速でのハイドロプレーニングやコーナリングしながらのラテラル・ハイドロプレーニングのテストを行なっていたからだ。

そんなコンチネンタルのプレミアムコンタクトが新しくなった。コンチプレミアムコンタクト5(CPC5)が進化して「プレミアムコンタクト6(PC6)」にモデルチェンジしたのだ。スペイン南部のセビリアのそばにある「サーキット・モンテブランコ」を中心としたPC6の国際プレス試乗会に参加してきたので、その報告をしよう。

新しいPC6の位置付けを簡単に言い表すと、プレミアムコンタクトとスポーツコンタクトの合体である。

コンチネンタルの表現では、ハイパフォーマンス/コンフォートというカテゴリーにはCPC5とコンチスポーツコンタクト5(CSC5)という2ブランドがあったが、それを1つにしたのがPC6ということだ。ただCPC5には16インチ以下のサイズもあったが、PC6は17インチ以上のラインナップになっている。

PC6は現行のCSC5と性能指数を比べると、タイヤ寿命が115%と15%伸びていて、ノイズは110%で10%静かに、燃費に影響する転がり抵抗は105%と5%良くなっている。その他の性能は、ハンドリング性能が103%、ドライブレーキングとウエットブレーキングはそれぞれ100%で同じレベル、乗り心地は101%でほぼ同等という。ハイドロプレーニング性能は95%になっているが、そもそも高いレベルだったので、実用上問題はないだろう。

さて実際に走ってみよう。テストコースである「サーキット・モンテブランコ」は、F1マシンのテスト走行にも使用されている観客席のない本格的コースで、ハイスピードコーナーとテクニカルコーナーをミックスしたタイヤにとっても負荷の大きなコースである。

プレミアムコンタクトという名前なのに本格的なサーキットでのプレス試乗会というのは意外だった。コンフォート重視なのかスポーツタイヤなのかすべての試乗が終わらないとわからない。

印象に残ったのはBMW640dxでの走行だった。新しいプレミアムコンタクト6だけでなく、比較としてコンチスポーツコンタクト5も乗れたのだが、明らかにスポーティな走りをしたのはプレミアムコンタクト6だった。

ホームストレッチで車線変更したときもより小さなハンドル角で目標場所に行けるし、より正確な反応なので扱いやすかった。コーナリングもグリップが強く安心感が高いだけでなく、スピードも速い。パイロンを並べてスラロームも設定してあったが、ここでスピードを上げていっても応答遅れがなく、最後までしっかりとノーズの向きを変えることができた。

第一コーナーでのフルブレーキングも重量級の6シリーズを強いグリップで受け止めていたので、プレミアムコンタクト6の余力を感じることができた。

もっとコンパクトなスポーツモデルでも走ることができた。ゴルフGTI、メガーヌRS、スバルWRXSTIでもサーキットを思い切り攻めた走りを試すことができた。エンジンパワーに負けないプレミアムコンタクト6のグリップは、クルマが軽くなったように感じる。

その理由は応答性だ。応答遅れすることなくシャープな反応だから、ノーズを思い通りのラインに乗せやすいのだ。このサーキットは舗装路面が粗いのでタイヤのダメージが心配になったが、多少ゴムが溶けた感じには見えるものの磨耗状態は綺麗だった。名前から想像できない良い走りができるタイヤだった。

プレミアムコンタクト6という名前にふさわしいモデル、メルセデスベンツE220dでは一般道を走ることができた。これは振動・乗り心地、騒音のチェックのためだ。

「サーキット・モンテブランコ」付近の一般道は都合よく舗装が荒れた道が多くテスト走行には適していた。ここでは低周波のロードノイズがほとんど聞こえず、室内は快適な環境を保てる。さらに舗装が綺麗な路面でのパターンノイズも極めて小さく、シャー音もほとんど聞こえてこない。また凸凹路面でもトレッド面の「いなし」がうまいのか、角がある振動が伝わってくることはなくとても快適だ。

サーキットでのハイスピード走行でも正確な応答性としっかりしたグリップで高い安心感があり、コンパクトスポーツカーではエンジンパワーに負けない強いグリップを持って軽快な走りができ、プレミアムコンタクトという名前にふさわしい静粛性と快適性を兼ね備えているタイヤだった。

二律背反と思われていたグリップとコンフォートを、両立させられることを証明したのがコンチネンタルの新しいプレミアムコンタクト6だった。欧州のカーメーカーに続々とOEM納入が決まっているというから、いま注目に値するタイヤだ。

(菰田 潔)

二つの相反する性能を両立させ、さまざまな車種に幅広く適応する新タイヤ【コンチネンタル・プレミアムコンタクト6】(http://clicccar.com/2017/09/30/516225/)

【関連記事】ダンロップの競技用タイヤ 「DIREZZA 03G」にソフトコンパウンドの新スペック「S5」が追加。1967年製「トヨタ2000GT」の豪快なDOHCサウンドが轟いた!【動画】さらに静かに高性能に。アドバン・dB(デシベル)が「ADVAN dB V552」へ進化!