【東京モーターショー2017】日産は世界初公開のコンセプトカー「LEAF NISMO Concept」や「セレナ NISMO」を披露

【東京モーターショー2017】日産は世界初公開のコンセプトカー「LEAF NISMO Concept」や「セレナ NISMO」を披露

【東京モーターショー2017】日産は世界初公開のコンセプトカー「LEAF NISMO Concept」や「セレナ NISMO」を披露の画像

東京モーターショー2017・日産ブースの見どころは、将来の「ニッサンインテリジェントモビリティ」を体現したというワールドプレミアのコンセプトカー。さらに参考出展車として、9月に発表された新型「日産リーフ」のNISMOモデルとなる「LEAF NISMO Concept」や、「セレナ」のNISMOモデルとなる「セレナ NISMO」、より高品質なデザインが採用された「スカイライン」など、市販車を含めて計13モデルが展示されます。

参考出品される「LEAF NISMO Concept」は、NISMOのレーシングテクノロジーにより実現した専用エクステリアが特徴で、Cd値を悪化させることなくリフト量を低減、優れた空力性能を実現したとしています。

インテリアは、ブラック内装を基調にNISMOのアイコニックカラーであるレッドのアクセントが施され、スポーティに仕立てられています。

また、チューニングされた専用サスペンション、高性能タイヤなどが採用されるほか、電動駆動の特性を活かてどこからでも瞬発力の高い加速フィールを提供する専用チューニングコンピューター(VCM)を搭載し、NISMOらしい走りを提供するとしています。

迫力あるスタイリングが目を惹く「セレナ NISMO」は今年11月の発売予定で、NISMOらしい精悍なエクステリアデザインと優れた空力性能を両立した意匠を採用。インテリアにはNISMOカラーのレッドアクセントがあしらわれるなど、スポーティな演出が注目ポイントです。

さらに、専用のボディ補強やサスペンションチューニングなどにより、気持ちのよいハンドリングを実現するとともに、専用ECMやマフラーにより気持ちの良い加速フィーリングを得たとしています。

マイナーチェンジを受けるスカイラインは、全方位型運転支援システムを全グレードに標準装備。さらに、エクステリアデザインやアルミホイールのデザインが刷新され、より高揚感あふれる佇まいとしています。

インテリアもステアリングやシフトノブのデザイン変更や、インパネ表皮を変更するなどにより上質なキャビンを実現。新型スカイラインは、2017年12月下旬の発売予定とされています。

(塚田勝弘)

【東京モーターショー2017】日産は世界初公開のコンセプトカー「LEAF NISMO Concept」や「セレナ NISMO」を披露(http://clicccar.com/2017/10/04/517550/)

【関連記事】【東京モーターショー2017】「RS」エンブレムが気になる新型クラウン・コンセプトは市販モデルか?【東京モーターショー2017】トヨタ最大の目玉は「クラウン・コンセプト」!!【新車試乗 日産リーフ】航続距離も大幅延伸し、パワーもアップ「いま見える明日(前編)」