【東京モーターショー2017】新型トヨタ・センチュリーは2018年年央に発売、手作業も多様で作られる!!

【東京モーターショー2017】新型トヨタ・センチュリーは2018年年央に発売、手作業も多様で作られる!!

【東京モーターショー2017】新型トヨタ・センチュリーは2018年年央に発売、手作業も多様で作られる!!の画像

かつての関東自動車工業、現トヨタ自動車東日本が生産を担当しているセンチュリーは、トヨタのラインナップの中にあっても別物感が漂うのは、あのトヨタが多くの工程に手作業を採り入れるとか、V12気筒エンジンを搭載しているとか、皇室御用達の御料車であるとか、いくつも理由はありそうです。

しかし、2018年年央に発売予定とアナウンスされた新型センチュリーは、ついにV12気筒エンジンに終止符が打たれ、5.0L V8のハイブリッドにシリンダーレス、ダウンサイジング化されます。

3代目の新型センチュリーは、エンジンだけでなく、外観イメージも大きく変わっています。センチュリーらしく、「匠の技」や「高品質のモノづくり」を伝承しながらも、市場ニーズの高い環境性能や搭乗者の快適性を追求したパッケージの実現。

さらに、誰もが分かる新しい内・外装デザインを採用することで、ショーファーカーとしてふさわしい先進装備・快適装備の採用などに重点を置いたとしています。

つまり、センチュリーも変わるということでしょう。先述したハイブリッドシステムの採用をはじめ、ホイールベースの拡大、スカッフプレートとフロアの低段差化、ドアの開口高さの拡大を実施するなど、乗降性や後席優先のパッケージを改善したそうです。

外装デザインは、フロントグリルなど随所に施された七宝文様や、リヤコンビネーションランプのガーニッシュ部の黒色化など、精緻な華やかさ・落ち着きを表現。

内装は、折り上げ天井様式(居室の天井の中央部を上方へ一段高く凹ませる建築様式)を採用し、専用織物が使われています。また、リヤシートには電動オットマンを設定するなど、座り心地が追求されたリフレッシュ機能付アジャスタブルリヤシートを採用し、心地良さと格の高さを実現したそう。

さらに、中央アームレストにタッチ式液晶マルチオペレーショナルパネルが設定され、シートや空調、オーディオの音量など集中操作が可能になるなど、現代的な操作性を採用。ほかにも、ライティングテーブル、読書灯、大型ディスプレイ付リヤシートエンターテインメントシステム、20スピーカープレミアムオーディオなど、ビジネスからプライベートまであらゆるシーンに対応できる快適装備が搭載されています。

ハイブリッドシステムは、直噴技術の「D-4S」が採用された5.0LのV8「2UR-FSE」エンジンを搭載。「2UR-FSE」はレクサスLSにも搭載されたハイブリッドシステム(THSU)を組み合わせることで、クラストップレベルの低燃費を追求したとしています。また、トランスミッションには2段変速式リダクション機構を搭載し、静かで滑らかな走行フィールを得るなど、V12時代とはまったく新たな高級サルーンに仕上げられているようです。

安全面では、衝突回避支援システム「Toyota Safety Sense P」、ブラインドスポットモニター、リヤクロストラフィックアラートなどこちらも最新技術が搭載されています。

(塚田勝弘)

【東京モーターショー2017】新型トヨタ・センチュリーは2018年年央に発売、手作業も多様で作られる!!(http://clicccar.com/2017/10/06/518211/)

【関連記事】【東京モーターショー2017】日本仕様の新型エクリプス クロスは2017年春発売【東京モーターショー2017】SUVのエボ仕様!?「MITSUBISHl e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初公開【東京モーターショー2017】専用V12エンジンよさらば! トヨタが新型センチュリーを公開