【新車】ホンダ・N-BOXが発売1か月で5.2万台も受注の大ヒット

【新車】ホンダ・N-BOXが発売1か月で5.2万台も受注の大ヒット

【新車】ホンダ・N-BOXが発売1か月で5.2万台も受注の大ヒットの画像

2017年に登場した新車の中で、もっとも注目度の高いモデルといえば、ホンダのスーパーハイト軽自動車「N-BOX」でキマリでしょう。

2017年9月1日に発売された「N-BOX」の、発売後約1か月での累計受注台数がホンダから発表されました。

なんと、10月4日現在において5万2000台を超えているということです。販売目標は1万5000台/月ですから、目標の3倍以上という好調ぶりです。

さらに、「N-BOX」シリーズの2017年度上期(2017年4月〜9月)における販売台数が94,601台となり、登録車を含む車名別新車販売台数において第1位となり、華を添えています。なお、ホンダ車が年度上半期のセールストップとなるのは、2002年度上期に「フィット」が達成して以来、15年ぶりということ。もちろん、ホンダの軽自動車としては初めてです。

先進安全装備「ホンダセンシング」の全車標準装備や助手席スーパースライドシートによる新しい使い勝手の提案、軽自動車初となるVTECエンジンの搭載など、N-BOXが好評な理由は様々ですが、やはりブレることなく正常進化したことが好調なセールスにつながっているといえそうです。

なお、N-BOX(標準車)とN-BOXカスタムの比率は、44:56でカスタムが優勢。いずれのモデルでもプレミアムホワイト・パールIIが人気ボディカラーとなっています。

(写真:門真 俊/文:山本晋也)

【新車】ホンダ・N-BOXが発売1か月で5.2万台も受注の大ヒット(http://clicccar.com/2017/10/07/518217/)

【関連記事】【カージャケNo.096】ドライブを一段上の上質なものに変えるさわやかサウンド FRANCIS LAI ET SON ORCHESTRE [フランシス・レイ・オーケストラ]19782017年9月の軽自動車セールスランキングは、フルモデルチェンジしたホンダN-BOXが圧勝新型シビックの開発で抱いた危機感と課題、それに対するスタッフの「答え」とは?