2017年9月の軽自動車セールスランキングは、フルモデルチェンジしたホンダN-BOXが圧勝

2017年9月の軽自動車セールスランキングは、フルモデルチェンジしたホンダN-BOXが圧勝

2017年9月の軽自動車セールスランキングは、フルモデルチェンジしたホンダN-BOXが圧勝の画像

全軽自協(一般社団法人 全国軽自動車協会連合会)より2017年9月の軽四輪車 通称名別新車販売速報が発表されました。フルモデルチェンジを直前に控えた前月、久しぶりにトップの座を譲ったホンダN-BOXが、一位に復帰するのは当然として、どこまで数字を伸ばしているかが注目のランキングです。

●2017年9月 軽乗用車販売ランキング(軽自協調べ・速報)
1位 ホンダ N-BOX 26,983台(前月2位)
2位 日産 デイズ 15,153台(同3位)
3位 ダイハツ ムーヴ 12,771台(同1位)
4位 スズキ ワゴンR 11,920台(同5位)
5位 ダイハツ タント 11,636台(同4位)
6位 スズキ スペーシア 9,573台(同7位)
7位 ダイハツ ミラ 8,757台(同6位)
8位 スズキ アルト 7,730台(同8位)
9位 ホンダ N-WGN 6,714台(同9位)
10位 スズキ ハスラー 6,540台(同10位)

まさに新車効果! といったホンダN-BOXは、前月トップのダイハツ・ムーヴをダブルスコアで圧倒する2.5万台オーバーと脅威の数値。そのスキをついたわけではないでしょうが、日産デイズが2位となり、そこにダイハツとスズキが続くというトップ4は、軽自動車におけるブランド力が大きく変化していることも感じさせます。

ダイハツ・タントにスズキ・スペーシアが肉薄しているのもスーパーハイトワゴンの争いとして見逃せません。

ランキング外では、ホンダS660が8月の194台から9月は466台と大幅に台数を増やしているのが気になるところ。東京モーターショーでも特別仕様車「コモレビエディション」が公開される予定になっていますが、このタイミングであらためて注目を集めそうです。

(山本晋也)

【関連記事】
フルモデルチェンジ直前でもN-BOXは1万台オーバー!2017年8月の軽自動車セールスランキング速報
https://clicccar.com/2017/09/11/509072/

【新車】安全装備を強化したホンダ新型N-BOXが登場!! 80kgもの軽量化と付加価値を高めて価格は1,385,640円〜2,080,080円
https://clicccar.com/2017/08/31/506200/

【新車試乗 ホンダN-BOX】軽自動車の歴史を変える総合性能の高さ! 選ぶならどのモデル?
https://clicccar.com/2017/09/30/511125/

日産自動車の121万台リコール、その内容と原因は? 東京モーターショーへの影響は?
https://clicccar.com/2017/10/03/517274/

スズキ・ワゴンRに5MT仕様が追加設定。価格は1,078,920円〜
https://clicccar.com/2017/08/24/503671/

2017年9月の軽自動車セールスランキングは、フルモデルチェンジしたホンダN-BOXが圧勝(http://clicccar.com/2017/10/06/518399/)

【関連記事】新型シビックの開発で抱いた危機感と課題、それに対するスタッフの「答え」とは?ホンダが半世紀以上の歴史を持つ狭山工場の閉鎖を発表。その理由とは?2017年上期(4‐9月)の国内新車販売が7.7%増に! 軽の販売復調が寄与