【新車】三菱eKシリーズを一部改良し、ナビゲーションプレゼント付特別仕様車も設定

【新車】三菱eKシリーズを一部改良し、ナビゲーションプレゼント付特別仕様車も設定

【新車】三菱eKシリーズを一部改良し、ナビゲーションプレゼント付特別仕様車も設定の画像

10月6日、三菱自動車のeKワゴン、eKカスタム、Ekスペースが一部改良を受けました。

まず、最新安全装備の採用グレードの拡大がトピックス。スリップを感知すると、タイヤの空転を抑えるトランクションコントロール付の「アクティブスタビリティコントロール(ASC)」を全車に標準化。

さらに、ロールを抑えることで走行安定性を高めるフロントスタビライザー、ヒルスタートスタートと制動時の踏力をサポートするブレーキアシストも全車に標準装備されています。

今回の一部改良により安全性が強化されたeKシリーズ。価格帯はeKワゴンが104万4360円〜153万7920円。eKカスタムが136万8360円〜165万8880円。eKスペースが125万2800円〜193万5360円です。

さらに、17万9280円相当のナビがプレゼントされる特別仕様車も設定され、10月6日から発売されています。eKワゴンは「M」、「M e-Assist」、eKスペースが「カスタム T Safety Package」がベースで、ステアリングオーディオリモコンスイッチを採用することで、ステアリングから手を離すことなくオーディオ操作が可能。

ほかにも、後席リヤスピーカーが装備されるほか、eKスペースの「カスタム T Safety PLUS Edition」にはツイーターも装備されます。

価格帯はeKワゴン「M PLUS Edition」が115万5600円〜126万2520円。「M e-Assist PLUS Edition」が118万3680円〜129万600円。eKスペースの「カスタム T Safety PLUS Edition」が182万8440円〜193万5360円です。

(塚田勝弘)

【新車】三菱eKシリーズを一部改良し、ナビゲーションプレゼント付特別仕様車も設定(http://clicccar.com/2017/10/06/518507/)

【関連記事】【新車】デリカD:5、アウトランダーで大人気の「ACTIVE GEAR」をRVRにも新設定【東京モーターショー2017】日本仕様の新型エクリプス クロスは2017年春発売【東京モーターショー2017】SUVのエボ仕様!?「MITSUBISHl e-EVOLUTION CONCEPT」を世界初公開