【東京モーターショー2017】トヨタ86ベース? ハイブリッドスポーツ「GR HV SPORTS concept」を初公開

【東京モーターショー2017】トヨタ86ベース? ハイブリッドスポーツ「GR HV SPORTS concept」を初公開

【東京モーターショー2017】トヨタ86ベース? ハイブリッドスポーツ「GR HV SPORTS concept」を初公開の画像

「G’s(G SPORT)」を改め、新スポーツブランド「GR」を立ち上げたトヨタ。以前お伝えしたように、次期クラウンのコンセプトカー、新型センチュリーという高級サルーンに続き、スポーツカーの出展も明らかにされました。

スポーツカーと環境技術を融合させたというコンセプトカーの「GR HV SPORTS concept」は、新たなクルマの楽しさを提案するモデルで、世界初披露になります。

2シーターオープントップの同コンセプトカーは、「TOYOTA GAZOO Racing」が世界耐久選手権(WEC)で戦うハイブリッドレーシングマシンの「TS050 HYBRID」を想起させるデザインとして提案されます。写真を見るととくにリヤまわり、フェンダー周辺のカタチはトヨタ86と似てる感じもします。さらに、トヨタ伝統のオープンスポーツ「トヨタスポーツ800」(通称・ヨタハチ)や「スープラ」にも設定された「エアロトップ」スタイルを採用。

技術面では、「TS050 HYBRID」で鍛えられたハイブリッド技術「THS-R(TOYOTA Hybrid System-Racing)」がトピックス。

インパネも86に似た雰囲気が漂います。センタークラスターにオートマチックのギアポジションスイッチが配置され、レーシーな雰囲気が演出されているほか、プッシュ式のスタートスイッチを開閉式のシフトノブ内に用意するなど、遊び心のあるレイアウトが採用されています。

また、重量物である駆動用(ハイブリッド)バッテリーを車両中央付近に搭載。中央に搭載することで、スポーツカーとして走りの性能向上にも貢献するとしています。

「GR HV SPORTS concept」のボディサイズは全長4395×全幅1805×全高1280mm。駆動方式はFRです。なお、トヨタ86は全長4240×全幅1775×全高1320mmで、「GR HV SPORTS concept」のホイールベースは現時点では公表されていません。

(塚田勝弘)

【東京モーターショー2017】トヨタ86ベース? ハイブリッドスポーツ「GR HV SPORTS concept」を初公開(http://clicccar.com/2017/10/06/518632/)

【関連記事】これぞTNGAの成果!? 新型カムリの低重心パッケージに感じる懐かしさとは?【東京モーターショー2017】アウディからはレベル4の自動運転コンセプトカーをはじめ5台のジャパンプレミアが登場トヨタが来夏に向けて発売予定の高級モデル2車種を東京モーターショー2017に出展!