【新車】オンロードもオフロードも走りを楽しめる「PEUGEOT 2008 CROSSCITY」が269万9000円で登場

【新車】オンロードもオフロードも走りを楽しめる「PEUGEOT 2008 CROSSCITY」が269万9000円で登場

【新車】オンロードもオフロードも走りを楽しめる「PEUGEOT 2008 CROSSCITY」が269万9000円で登場の画像

コンパクトSUVのプジョー2008はBセグメントのプジョー208をベースに仕立てられたコンパクトSUVで、フランス勢ではルノー キャプチャーが最大のライバルといえます。

2016年9月にフェイスリフトを受け、2017年上半期では前年比7.2%増の販売を記録するなどマイナーチェンジの効果が出ているようです。

10月10日に発売された特別仕様車の「PEUGEOT 2008 CROSSCITY」は、街とオフロードの両方で運転が楽しめるというコンセプトのもと、機能と装備が強化されています。

機能面では、高い悪路走破性能を引き出す「グリップコントロール」と16インチアロイホイール+4シーズンタイヤを装備。内装では、専用アルカンタラ&TEPレザーシート(シートヒーター付き)などの上級装備を用意。

デザインでは、コンパスを模した専用ロゴがフロントドアやフロアマットなどに配されていて、スポーティな「GT Line」とは異なるムードが演出されています。インテリアにもグリーン系のステッチが採用されるなど、質感の向上も図られています。ボディカラーは専用色の「スピリットグレー」を含む全5色を用意。

価格はベースモデルの「2008 Allure」(110psの1.2L直列3気筒ターボを搭載)からプラス6万9000円の269万9000円(税込み)に設定され、買い得感の高い設定になっています。

(塚田勝弘)

【新車】オンロードもオフロードも走りを楽しめる「PEUGEOT 2008 CROSSCITY」が269万9000円で登場(http://clicccar.com/2017/10/16/520868/)

【関連記事】【新車】ルノー・F1カラーの「ルノー カングー フォーミュラ エディション」は、日本のみで30台で限定発売【新車】プジョー3008に2.0Lディーゼルターボを積み、お買い得な「BlueHDi Special Edition」が設定【新車】VWゴルフ・トゥーランに「コンフォートライン」ベースの特別仕様車「Tech Edition 2」が登場