【新車】SPAプラットフォームを使う新型ボルボ「XC60」が599万円から登場!

【新車】SPAプラットフォームを使う新型ボルボ「XC60」が599万円から登場!

【新車】SPAプラットフォームを使う新型ボルボ「XC60」が599万円から登場!の画像

ボルボの世界販売を支えるSUVのXC60がフルモデルチェンジを受けました。アウディQ5が新型にスイッチしたばかりで、BMW X3も新型へのスイッチが噂されています。

新型ボルボXC60は、パッと見たところXC90の弟分という印象を受けますが、サイドから眺めると、ドアに深く刻まれたプレスラインや小さめのウインドウグラフィックなど、スポーティな要素が随所に盛り込まれていて、単に小さなXC90版という雰囲気ではありません。

ただし、プラットフォームは「SPA(SCALABLE PRODUCT ARCHITECTURE)」と呼ばれる新たなアーキテクチャを使っていて、こちらはXC90やV90/S90などの新生ボルボと同じ車体になります。なお「SPA」は90、60シリーズに採用され、電動化を見据えたモジュラープラットフォームになります。

内装もボルボらしいスタイリッシュな仕上がりで、「DRIFTWOOD(流木)」を使ったパネルを採用するなど、細部にまでこだわりが表現されています。

また、2シーターとなるシートも大ぶりで、豪華そのもの。フロントシートの構造は兄貴分のXC90と同じだそうで、サイズが小さくなっても座り心地は同じ。むしろ、XC90だと取り回しや駐車場所に制約などからチョイスできず、積極的に新型ボルボXC60を選択することで、高い満足度が得られるという方もいそうです。

ほかにも、2020年以降、ボルボ車の新車が関わる死亡、重傷事故をゼロにするという安全思想「Safety Vision 2020」に基づき、ボルボ自慢の安全装備が網羅されています。

中でも新型XC60から採用される「ステアリングサポート機能」は、先行車両などへの衝突が自動ブレーキだけで防げないと判断すると、ドライバーが回避行動を取った時点で、ステアリング回避をサポートすべく内側のブレーキを作動させるもので、50〜100km/hの速度域で作動します。

さらに、対向車との衝突回避をサポートする「対向車線衝突回避支援機能(60-140km/h)」「後方車衝突回避支援機能(60-140km/h)」も新たに用意されています。いずれもステアリングアシストを付加することで危険回避を支援するもの。

新型ボルボXC60のサイズは、全長4690×全幅1900/1930×全高1660mm。エンジンは、T8の2.0Lターボ+スーパーチャージャー(318ps)+モーター(87ps)を筆頭に、「T6」が2.0Lターボ+スーパーチャージャー(320ps)、「D4」が2.0Lディーゼルターボ(190ps)、「T5」が2.0Lガソリンターボ(254ps)となっています。

グレードと価格は、「XC60 T8 Twin Engine AWD Inscription」が884万円、「XC60 T6 AWD R-Design」が724万円、「XC60 D4/T5 AWD Inscription」が679万円、「XC60 D4 AWD R-DESIGN」が649万円、「XC60 D4/T5 AWD Momentum」が599万円です。

(文/写真 塚田勝弘)

【新車】SPAプラットフォームを使う新型ボルボ「XC60」が599万円から登場!(http://clicccar.com/2017/10/16/521315/)

【関連記事】J.D.パワー「日本自動車セールス満足度調査」2位! 今、ボルボが大注目!?ボルボ最小SUV「XC40」、峠のワインディングを力強く駆け抜ける!「対向車線衝突回避支援機能」などを搭載。ボルボV90、XC90が安全装備をさらに強化