【東京モーターショー2017】2人乗りのEV「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は乗る人すべてに優しい

【東京モーターショー2017】2人乗りのEV「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は乗る人すべてに優しい

【東京モーターショー2017】2人乗りのEV「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は乗る人すべてに優しいの画像

3台の「TOYOTA Concept-愛i」シリーズが出展される今年の東京モーターショー。

「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は、「人にやさしい都市モビリティ」をコンセプトに掲げたユニバーサル性を重視した小型モビリティです。

ガルウィングドアや電動ユニバーサルスライドシート、ジョイスティックなどが採用され、車いすユーザーにとって使い勝手のよいモビリティを追求したとしています。

現在の福祉車両は、市販車を仕立てたモデルですが、「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は上記のような装備に加えてシートレイアウトや自動運転機能により、誰でも「安全・安心」に運転できるのが特徴。

福祉車両や高齢者をターゲットにしているだけでなく、シェアリングサービスでの活用も想定するなど、次世代のシティコミューターとしての姿も提示しています。より多くの人と共有することで、ユニバーサルなモビリティを手軽な存在にしたとしています。

サイズは全長2500×全幅1300×全高1500mmで、ホイールベースは1800mm。2人乗りのEVで、航続可能距離100〜150km程度としています。

(塚田勝弘)

【東京モーターショー2017】2人乗りのEV「TOYOTA Concept-愛i RIDE」は乗る人すべてに優しい(http://clicccar.com/2017/10/19/521421/)

【関連記事】【東京モーターショー2017】AIと自動運転技術を搭載したコンセプトEV「TOYOTA Concept-愛i」は300km走行可能【東京モーターショー2017】東京オリンピック・パラリンピックに100台以上導入されるFCバスのコンセプトモデル悪天候のなかトヨタが1-2フィニッシュ!中嶋選手、小林選手のコメントを紹介【WEC第7戦富士6時間レース】