【新車】マイナーチェンジしたホンダ・ステップワゴンに用意されたディーラーオプションの電子ミラーを試してみた

【新車】マイナーチェンジしたホンダ・ステップワゴンに用意されたディーラーオプションの電子ミラーを試してみた

【新車】マイナーチェンジしたホンダ・ステップワゴンに用意されたディーラーオプションの電子ミラーを試してみたの画像

マイナーチェンジにより大胆なフェイスリフトを敢行したホンダのミドルサイズミニバン「ステップワゴン」。

カスタムバージョンといえる「SPADA(スパーダ)」に2.0リッター・2モーターハイブリッドを新設定したことで、燃費とパフォーマンスの両面で同クラスのミニバンをリードする存在へと進化しました。

その新型ステップワゴンにはライバルに追いつくユニークな純正アクセサリーが新設定されています。それが2017年12月下旬発売予定となっている『アドバンスドルームミラー』です。

車体後方に設置されたカメラの映像をルームミラーに映し出すことで、フル乗車・フル積載でも後方視界を確保できるようにする「電子ルームミラー」は、ライバルとなる日産・セレナにセットオプションとして設定されているほか、トヨタのヴォクシー、ノア、エスクァイアにもディーラーオプションとして設定されたばかり。

そうしたユーザーニーズの高いアイテムを、ホンダの純正アクセサリーを開発しているホンダアクセスがステップワゴンに用意したというわけです。

実際に、その視認性を確認することができましたが、たしかに後方視界はクリアになります。とくにステップワゴンの場合は縦横に開く「わくわくゲート」と採用している関係で、リアウインドウに太い線が入ってしまうのが気になるところですが、アドバンスドルームミラーを使うことで、クリアな後方視界を手に入れることができます。

とはいえ、ガラス面に対してカメラ映像の表示面積が一回り狭くなっているのは(見える範囲は広くなっているとはいえ)若干違和感を覚えるところで、今後の改善を期待したいところかもしれません。

なお、ディーラーオプションとして後付可能な「アドバンスドルームミラー」のカメラユニットは、リアウインドウ内側に設置するので雨の日でも視界が確保できるのはメリットとなっています。

このオプションパーツのメーカー希望小売価格は本体が74,520円、取付アタッチメントが9,720円、合計84,240円(消費税込)。参考までに標準取り付け時間は2.9Hとなっていますので、その時間に相当する工賃が別途かかることになります。

(山本晋也)

【関連記事】

【新車】トップ奪還も夢じゃない!? ホンダ・ステップワゴンSPADAハイブリッドが大胆無敵に変身!
https://clicccar.com/2017/10/14/520368/

【新車】燃費だけじゃない! ハイブリッドになったステップワゴンは電子ミラーやハンズフリードアなど装備も充実!!
https://clicccar.com/2017/10/02/516966/

【新車】待望のハイブリッドモデルが追加! マイナーチェンジしたホンダ・ステップワゴンには魅力いっぱいの専用装備も充実
https://clicccar.com/2017/09/30/516407/

クルマの「ミラーレス化」の長所、短所、課題とは?【オートモーティブ ワールド2017】
https://clicccar.com/2017/01/21/439004/

パナソニックがスペイン企業と共同開発した「電子インナーミラー」がトヨタの純正部品に採用
https://clicccar.com/2017/09/30/515219/

【新車】マイナーチェンジしたホンダ・ステップワゴンに用意されたディーラーオプションの電子ミラーを試してみた(http://clicccar.com/2017/10/18/521701/)

【関連記事】【新車】2018年モデルのジャガーXJが登場。575ps/700Nmの「XJR575」を追加設定【新車】トップ奪還も夢じゃない!? ホンダ・ステップワゴンSPADAハイブリッドが大胆無敵に変身!【新車】「Toyota Safety Sense C」を全車標準化。トヨタ カローラ・フィールダー/アクシオがマイナーチェンジ