トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の乗り心地・快適性は?

トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の乗り心地・快適性は?

トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の乗り心地・快適性は?の画像

全長4400×全幅1695×全高1750mmという背の高いパッケージを採用したトヨタの「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」。

燃料はLPGで、1.5L直列4気筒エンジンは54kW(74ps)/4800rpm、111Nm/2800-4400rpm。モーターは45kW(61ps)/169Nmでニッケル水素バッテリーを搭載しています。安全面では「Toyota Safety Sense C」が用意されています。

会社(上司)から指名されて出陣式に向かったという、タクシードライバーの方の助手席、後席に座り、お台場から豊洲の駐車場まで同乗しました。

普段はクラウンコンフォート(もちろんLPG仕様)をドライブしているという運転手さん。今回初めて(実質的には2回目)ハイブリッドタクシーを運転するそうで、「とてもスムーズで、発進、加速、減速に違和感がなく、運転席の乗り心地も上々です」と高い評価をしていました。

また「少し視界(着座位置)が高く、フロントノーズが短いので見切りがしやすく、フェンダーミラーも小さめの割にかなり見やすいです」と第一印象は良好のよう。後方視界も良好だそうですが、「車庫入れはまだあまりしていないです。(3ボックススタイルの)クラウンコンフォートのようにトランクがないので、どうでしょうか」と慣れを要する点もありそう。

さらに、実際に配備されている車両にはナビが付いていましたが、こちらはお客さんを乗せて走るナビとは仕様が違うそう(そのタクシー会社の仕様ではないという意味)。タクシードライバーの方の会社の場合、本番用の「ナビ待ち」で、実際の営業までには1カ月ほどかかるそうです。

後席の座り心地は、足元、頭上ともに非常に広く、足を組めるほど余裕があります。また、頭上も身長190cmくらいの人が乗っても十分に余裕がありそう。さらに低床設計とリヤスライドドアにより、乗降性も良好で、これなら小さな子ども連れやお年寄り、さらに車いすの方でも従来のヒンジ式ドアよりも格段に楽になるはずです。

広々した後席で気になったのはシート設計。身長171cmの筆者には、背もたれがかなり寝ていているように感じます(リクライニングはせず固定式)。

さらに、座面の後傾角もやや足りないため、膝を少し前に出して体勢を崩した姿勢に自然となります。つまり、少し腰を前に出して、よく言えば「リラックスして座る」、言葉は悪いですが「だらしない姿勢で座る」がしっくりくるわけです。

これはタクシー利用者からの市場ニーズで決まった着座姿勢なのか、シート設計者が「これがいい」と思って決めたのかは分かりませんが、椅子に座る際の「正しい姿勢」で座ると、少し腹筋に力を入れる必要がありますし、長時間だと疲れを誘いそう。言い方は悪いですが、お酒に酔ってだらしなく座る際には快適かもしれません。

一方、運転席と同じ作りに見える助手席の座り心地は上々。サイドサポート、ランバー部のサポートもしっかりしていて、運転手さんも「腰痛を防ぐためになるべく背もたれを立てて座ります」という姿勢をサポートする良好な仕立てになっています。

荷室容量は401Lで、奥行きはそこそこという印象ですが、スーツケースは平積みで2つ、ゴルフバッグは4セット収納できるそう。ほかにも、ドアのグリップや運転席背もたれ裏にあるUSB端子付きグリップなど、タクシー利用者への配慮が随所にうかがえます。

(文/写真 塚田勝弘)

【関連記事】

トヨタ自動車が「日本の風景を変える」次世代タクシー・JPN TAXIを発売!
https://clicccar.com/2017/10/24/523566/

次世代タクシー「JPN TAXI」出陣式で豊田章男社長が会場から笑いを誘ったひと言とは?
https://clicccar.com/2017/10/23/523602/

トヨタの次世代タクシー「JPN TAXI(ジャパンタクシー)」の乗り心地・快適性は?(http://clicccar.com/2017/10/24/523629/)

【関連記事】トヨタ自動車が“日本の風景を変える”次世代タクシー「JPN TAXI」を発売!次世代タクシー「JPN TAXI」出陣式で豊田章男社長が会場から笑いを誘ったひと言とは?トヨタ自動車が明治神宮外苑で「クラシックカー・フェスティバル」を開催!