【東京モーターショー2017】「SUBARU=笑顔をつくる会社」で、本当に笑顔を作れる!?

いよいよ開幕した東京モーターショー2017。今年、社名を変更したばかりのSUBARUブースでは、様々な注目のモデルが多数展示されています。

次期型WRXを示唆するVIZIV PERFOMANCE CONCEPTや、STIコンプリートカーのS208、BRZ STI Sport、SUBARU XV FUN ADVENTURE CONCEPT、IMPREZA FUTURE SPORT CONCEPT などコンセプトモデルから参考出品車、市販最新モデルまでスバリスト以外でも気になるクルマがたくさん出展されています!

これらの各モデルについてのマニアック目線での詳細記事は徹底取材ののち、順次ご紹介いたしますが、まずは「New SUBARU Story 〜モノをつくる会社から、笑顔をつくる会社へ〜」というコンセプトで展開されているSUBARUブースのクルマ以外の注目ポイントをご紹介しましょう。

ブースのコンセプトは社名変更時のキャッチフレーズと同じく、”笑顔をつくる”という部分がキーワードになっています。

クリッカーの読者の皆様のなかには、10月27日から来場される方も多いと思いますが、是非SUBARUブースで試してほしいのが笑顔の瞬間をシール化できるプリントサービス。

SUBARUブースで笑顔になった写真をTwitterやinstagramにハッシュタグ#SUBARUと笑顔をつけて投稿!するとその場で即アップロードした画像がシールとなってプリントされるサービスをしてくれます。

是非みなさんも、SUBARUブースで笑顔になって、素敵な画像をシールにしてみては?

(井元 貴幸)

【関連リンク】
SUBARU 東京モーターショー2017 スペシャルサイト:https://www.subaru.jp/tms/

【東京モーターショー2017】「SUBARU=笑顔をつくる会社」で、本当に笑顔を作れる!?(http://clicccar.com/2017/10/25/524295/)

【関連記事】【東京モーターショー2017】トヨタ自動車が本格自動運転搭載のレクサス「LS+」を公開!【東京モーターショー2017】プジョーのベストセラー「プジョー308」が新型となって日本上陸【東京モーターショー2017】ホンダはHV、PHEV、EVなど電動化モデルで「役立つ喜び」「操る喜び」を提案