【東京モーターショー2017】3台のコンセプトカーを公開したいすゞのテーマは「運ぶの時代に、できること。」

【東京モーターショー2017】3台のコンセプトカーを公開したいすゞのテーマは「運ぶの時代に、できること。」

【東京モーターショー2017】3台のコンセプトカーを公開したいすゞのテーマは「運ぶの時代に、できること。」の画像

2017年に創立80年を迎えた老舗メーカーのいすゞ。日本ではトラックにより物流を支える存在です。第45回 東京モーターショーにおいては「運ぶの時代に、できること。」をテーマとしています。

そのにブースを彩っているのは、80周年記念車(ギガ、フォワード、エルフ)のほか、3台のコンセプトカー。

いかにも未来感のあるスタイリングのデザインコンセプト 「FD-SI」は世界初公開となるデリバリーバン。昆虫などの生物に見られる群知能に着目し、集配方法に応用するといったバイオミミクリー的な発想で作られています。スタイリング面でも蜂の巣をモチーフにしたバイオデザインを取り入れていれることで、自然が生み出す効率性を追求する姿勢をアピールしています。

同じく近距離ユースで使われる小型トラックの電気自動車コンセプトとして世界初公開されているのが、「エルフ EV 」。いまやグローバルトレンドとなっているゼロ・エミッションを実現するEVトラックは、商用車にとって欠かせない架装物も電気で動かすことで、真のゼロ・エミッションを実現しています。急速充電・普通充電に両対応、満充電での航続可能距離は100km以上と発表されています。

そして、自衛隊に納めているという6輪駆動トラックの市販バージョンといえる参考出品車が「ISUZU 6×6 」。高走破性を確保するため、最低地上高、アプローチアングル、デパーチャーアングルに余裕を持っていることはひと目で実感できるところ。あらゆる場面で「運ぶ」を支えるといういすゞのスピリットが感じられる一台です。

(山本晋也)

【東京モーターショー2017】3台のコンセプトカーを公開したいすゞのテーマは「運ぶの時代に、できること。」(http://clicccar.com/2017/10/26/524669/)

【関連記事】【東京モーターショー2017】UDトラックス・ブースは2年前のコンセプトカーが現実になった市販モデルが主役【東京モーターショー2017】「ストーリーオブラグジュアリー」がテーマのBMWブースは、8シリーズやZ4コンセプトなど注目モデルが多数出展【東京モーターショー2017】近日発売? 2台のロードスターはボディカラーに注目