【東京モーターショー2017】次期ハイエース?トヨタ車体が新発想のマルチバンを公開!

【東京モーターショー2017】次期ハイエース?トヨタ車体が新発想のマルチバンを公開!

【東京モーターショー2017】次期ハイエース?トヨタ車体が新発想のマルチバンを公開!の画像

トヨタ自動車の商用車やSUVの開発・生産を担うトヨタ車体が10月25日、東京モーターショー2017のプレスブリーフィングにおいて、次期ハイエースを予想させるコンセプトモデル「LCV」(ライト・コマーシャル・ビークル)を出展しました。

ステージに登壇した同社の増井敬二社長によると、「Focus Your Life Style」をテーマに「乗る人や働く人にやさしい、人に寄り添うクルマづくりへの想い」をカタチにしたそうです。

LCVは、コンパクト・フレキシブル・マルチユースをキーワードに、商用車に求められる耐久性、経済性、積載性に、乗る人や働く人に”やさしい”をプラスした新しい発想のマルチバン。

今回のショーでは大間口のスライドドアと低床フラットフロアにより、荷物の積み下ろしを容易にした小型デリバリーバン「LCV D-CARGO コンセプト 」、快適なプライベート空間を提供するビジネス専用ハイヤー「LCV ビジネス・ラウンジ コンセプト」(内装モック)、車いすアスリートが、ひとりで楽に競技用具を積み込み、乗り込んで、快適に運転することができる、車いすアスリートのための「LCV アスレチック・ツアラー コンセプト」(内装モック)の3様式のLCVが紹介されました。

基本モデルの小型デリバリーバン「LCV D-CARGO コンセプト 」の車両サイズは全長:4,700mm×全幅:1,735mm×全高:1,885mmとなっています。

増井社長は、「トヨタ車体では創立以来3,000万台のクルマをお客様に届けて来ました。これからも心一つに溢れる情熱のもと、当社が作る車のキーを受け取るお客様の笑顔を思い浮かべて、人に優しいキラリと輝くクルマ作りを進めて行くので是非期待して下さい」としてスピーチを結びました。

ハイエースに代表される商用車をつくり続けてきた開発者が、乗る人への優しさ、使い易さと快適さを追い求めたとするマルチバン「LCV」の今後の具現化が期待されます。

(Avanti Yasunori)

【東京モーターショー2017】次期ハイエース?トヨタ車体が新発想のマルチバンを公開!(http://clicccar.com/2017/10/26/524904/)

【関連記事】天使降臨!ダイハツブースの清楚美女【東京モーターショー美女めぐり】【東京モーターショー2017 隠れ名ブースその2】西3エリアで衝突実験車を見て、クルマの安心安全について考えよう!【東京モーターショー2017】今回最大の目玉はスーパーカブのフルモデルチェンジ!? 乗り心地とタフさを向上した新モデルをチェック