4号連続購入者限定!超豪華F1速報特製クリアファイル5枚組プレゼントキャンペーンが今号からスタート【F1速報×F1女子〜アメリカGP号〜】

4号連続購入者限定!超豪華F1速報特製クリアファイル5枚組プレゼントキャンペーンが今号からスタート【F1速報×F1女子〜アメリカGP号〜】

4号連続購入者限定!超豪華F1速報特製クリアファイル5枚組プレゼントキャンペーンが今号からスタート【F1速報×F1女子〜アメリカGP号〜】の画像

10月26日(木)に「F1速報アメリカGP号」が発売されました。

今号もレースの振り返りはもちろん、日本GPの総括やレッドブル特集、パドック裏話と見所がたくさん! どれも面白くて選ぶのに苦労しましたが、私的おススメコンテンツをご紹介します。

■猛牛、復活の雄叫び

シーズン序盤、ライバルのメルセデス、フェラーリの速さに比べて大きく遅れをとっていたレッドブルですが、ヨーロッパラウンド以降、徐々に速さを取り戻し、ここ数戦は優勝争いの一角に加わってきました。

巻頭特集「猛牛、復活の雄叫び」ではレッドブル復活の秘密をマシン、パワーユニット、ドライバーの3つの視点から徹底分析しています。

中でも特に興味深かったのが、ドライバー編。レッドッブルチーム代表のクリスチャン・ホーナーがダニエル・リカルド、マックス・フェルスタッペンについて語っています。
「マックスがようやく20歳になったばかりという事実には本当に驚くね。彼のファンの数を見てみるといい。F1ドライバーのなかでも1、2を争う人気がある。マックスはあらゆる面で成長を見せているよ。そもそもレース経験が少ないのだから毎週のように学ぶことがあり、どんどん強くなっているんだ」
そんなフェルスタッペンはチームメイトのリカルドといる時、とっても楽しそうですよね。二人が良好な関係を保てる理由は、リカルドの明るく寛大な気質にあるといいます。
「僕らが目にするダニエルの姿は、プライベートの時と一緒だ。彼には裏表がない。レッドブルのイメージに合っているし、彼のイメージにもレッドブルがよく似合う。人なりも素晴らしいし、ひとたび表彰台に上がれば、その場を盛り上げてくれる。このスポーツの人気者だね」

では、レースパフォーマンスはどうでしょうか。17戦を終えた時点でリカルド192点、フェルスタッペン123点とポイント差がかなり開いてしまいました。その大きな理由として、フェルスタッペンの完走率の低さと運の悪さが挙げられています。

今シーズン、フェルスタッペンのリタイアはアクシデント3回、メカニカルトラブル4回。これだけ不運が続けばチームに嫌気がさし、モチベーションも下がってしまうだろうと思いますが、どうやらそうではなかったようです。
「彼の年齢を考えると、あの若さながら自身の不満をまき散らすこともなく落ち着いていて、地道に努力を重ねている。そして、チャンスがきたら『大波』に乗る。まさにマレーシアGPが良い例だね。本当に素晴らしいレースを見せてくれた」
一方、リカルドはアクシデントによるリタイアが1回、メカニカルトラブル3回とフェルスタッペンとは対照的です。
「ダニエルも強力なレースを繰り広げている。これまでのところ、望みうる限りの表彰台を獲得してくれているからね。レースではマックスより高い完走率を誇っているし、技術レベルも高く、心から楽しんでレースを走っていることが分かる」
■ルイス・バスコンセロス グランプリ取材500戦記念コラム

F1速報特約ライターのルイス・バスコンセロス氏が、今年の日本GPでF1取材500戦目という快挙を達成しました! これを記念して、特別コラムを掲載。印象的だった鈴鹿のワンシーンを振り返っています。
「91年、敵対していたジャン=マリー・バレストルがFISA会長の座を失職し、その数日後に念願の3度目のタイトルを獲得したアイルトン・セナは、レース後の記者会見で感極まったのか(?)バレストルに対する怒りを噴出させた。実に聞くに堪えない言葉のオンパレードで、我々は『会見は世界中に放送されているんだぞ』とアイルトンに注意しようとしたが、30分間もしゃべり倒した。日本で放送されたかどうかは定かではないが、当時のファンは、彼の意外な一面を目撃したことだろう」

他にもいくつか鈴鹿での思い出を語ってくれているのですが、その中でも面白かったのがロン・デニスの話でした。
「鈴鹿でいつも落ち着きがなかったのがロン・デニスだ。どうも時差ボケに弱かったらしい。93年、マクラーレンはロードカープロジェクトの『F1』を初めて日本に持ち込んだ。見せびらかそうとしたデニスは、当時マクラーレンからフェラーリに移籍してしまったベルガーをわざわざ招き、デニスの運転でサーキット内を同乗走行することにしたのだ。デニスは全開でピットから出たが、その後4輪すべてをロックさせ、ターン1へ全速力で突っ込んで激しくクラッシュしてしまったのだ。当然ベルガーは大喜びだ。フェラーリのガレージへ帰る道すがら、彼はそれぞれのチームで足を止めると、ことの顛末を語って聞かせたのだった」
ロン・デニスは「お堅い人」というイメージが強かったのですが、約20年前にこんな出来事があったとは! 彼のイメージが変わった、ちょっとびっくりなエピソードでした☆

■NEXT ISSUE

今号からぜひ注目してもらいたい、最終ページ。こちらのぺージには次戦の情報が記載されているのですが、ページの右下に応募券があるー!

この応募券をとっておき、最終戦アブダビGP号に添付される応募用紙に貼り付けて応募すると、なんと、F1速報特製クリアファイル5枚組がプレゼントされるのです!! 本誌によると、2017年シーズンを戦った10チームを2チームずつフィーチャーし、戦績表などをまとめたシーズンフィナーレにふさわしいデザインになる予定とのこと。楽しみですね。

アメリカGP号から最終戦アブダビGP号まで4号連続で購入した方限定のプレゼントなので、買い忘れのないようご注意ください!

(yuri)

【関連リンク】

三栄書房オンライン通販
http://www.sun-a.com/sp/tuhan/

4号連続購入者限定!超豪華F1速報特製クリアファイル5枚組プレゼントキャンペーンが今号からスタート【F1速報×F1女子〜アメリカGP号〜】(http://clicccar.com/2017/10/28/525189/)

【関連記事】メルセデスが4年連続コンストラクターズチャンピオンを獲得!ライコネンがポディウムから勢いよく飛ばしたものとは?【2017年F1第17戦アメリカGP】陽気なダニエル・リカルドが憧れの店で30分間やり続けたこととは?【F1速報×F1女子〜日本GP号〜】ルイス・ハミルトン、ポールトゥウィン!表彰式インタビュアーに佐藤琢磨が登場【2017年F1第16戦日本GP】