【東京モーターショー2017】広大な会場を効率良く見学してモーターショーを120%堪能する方法を大公開!

【東京モーターショー2017】広大な会場を効率良く見学してモーターショーを120%堪能する方法を大公開!

【東京モーターショー2017】広大な会場を効率良く見学してモーターショーを120%堪能する方法を大公開!の画像

いよいよ10月28日から第45回東京モーターショーが始まりました。会場は東京ビッグサイト。とてつもなく広い会場です。

国内外メーカーが出している話題のコンセプトカーや、各メーカーが出している最新のスポーツカーに触れることができるので、どのメーカーのブースから見にいこうか、迷い所ですよね。

見たいクルマから真っ先に見に行く、という行き当たりばったりの順番で回るのもよいのですが、とてつもなく広い会場と、膨大な来場客が集まるモーターショーですので、ある程度の戦略をもって見学をしたい所です。

そこで今回、10月27日のプレビューデーを使って、効率の良いブースの回り方を考えてきましたのでご紹介します。なお、あくまで筆者の主観ですので、より良い回り方があるかもしれません。ぜひ反響いただけるとありがたいです。

まずは、会場内のいたるところで配っている、無料パンフレットを入手して下さい。そのパンフレットの中央に、厚紙で印刷された会場案内図が閉じられており、このページだけを抜き取り、マップとして使う事が出来ます。コンパクトになるので、マップだけを手に持っていれば邪魔になりません。

次にコインロッカーを確保します。半日近く歩き、いたるところで車のシートに座ったり、VRを体験したり、バイクに跨ったりを繰り返すため、必要最低限の荷物に絞って軽量化しておきます。これで疲労を軽くすることができます。

入場したら、まず東4.5.6ホールを目指しましょう。東4.5.6ホールには、ポルシェ、レクサス、日産、三菱、SUBARU、ルノー、アウディ、フォルクスワーゲンといったメーカーが並んでいます。多くの展示車に触れることができできますので、時間を忘れて楽しめます。

LEXUS LC500と日産R35 GT-Rのシートにも座ることができます。一日中、順番待ちの長い列が予想されます。シートへ座りたい方は、早めに並ぶことをお勧めします。

一休止を挟んだ後に、次は東1.2.3ホールへ行きましょう。

こちらには、BMW、ベンツ、マツダ、プジョーが並んでいます。BMWのMシリーズ、新型Z4のコンセプトカーなど、完成度の高い車両を多く見ることができます。

さらに、ホール中央の通路を向かいにして対抗するかの様に、メルセデスベンツが陣取っています。AMGシリーズがBMWと向かい合う様に並んでおり、欧州車好きにはたまらないゾーンです。

さらに、日本の自動車メーカーの中でも、独特の雰囲気を持つマツダのブースも見どころです。

さらに先へと進むと、HINO、ISUZU、SCANIA、三菱FUSO、UD TRUCKS、VOLVOなどのトラック系メーカーの展示車両がされています。普段見ることのないトレーラーヘッドのカットモデルは、実に迫力があります。トレーラーのドライバーズシートへも座ることができます。まるで家のロフトに登るかの様にステップを上り、2階から見下ろすかの様な運転席からの景色は、非日常感を体感することができます。

後半戦は、東7.8ホールで2輪車の見学からスタート。HONDA、SUZUKI、YAMAHA、KAWASAKIといった2輪車メーカーを巡り、ホンダの四輪ゾーンまで一気に見尽くします。自動車とはまた違う、バイクの魅力を存分に体感していきます。またがる事ができる台数も多いので、2輪好きにはいくらでも時間を忘れて楽しめます。

続いて西1ホール側へ向かいます。会場のレイアウト図で真反対に位置します。ここまで長時間を歩いてきた貴方は、足腰に相当なダメージが溜まってきている筈。

そこで役立つのが、東7.8ホールと西1ホールとをつなぐ無料のシャトルバスです。多少の待ち時間は発生しますが、入り口から西1ホールまで歩いて戻るより、時間と体力のロスを抑えることができます。乗り場の近くの休憩ゾーンには、から揚げ屋と肉料理屋があり、美味しそう料理の匂いが漂ってきます。もちろん、筆者は誘惑に負けました。体力回復にも役立ちますよ。

西1ホールには、トヨタ、ダイハツ等が展示されています。トヨタのゾーンは今回のショーの中で最大規模のレイアウトと展示車両数であり、ショーイベントも見ごたえのある内容です。

人間の心に寄り添う様に、クルマに愛を持たせたい、トヨタがコンセプトカーを通して伝えたいことを聞くことが出来ます。一般公開初日の為か、トヨタの司会者の方がセリフを噛むなんていうハプニングも遭遇することが出来、貴重な経験ができました。

見るべきエリアはまだまだあります。西3,4ゾーンでは、メディアとのコミュニケーションが取れるゾーンや、スーベニアのエリアがあったり、最後までモーターショーを堪能し尽くしましょう。ここまで歩くと、ほぼ体力の限界、足も棒の様になり立ち上がる力すら無くなりかけています。ところどころにある料理屋からくる匂いに誘惑されつつ、最後の見学をして終了となります。

実は、会場案内図が事前に公開されておらず、会場に入らないとどのメーカーが、どこにレイアウトしているかが把握できませんでした。特に、部品サプライヤー達のブースが何処にあるのか分からず、行ったり来たりを繰り返してしまいました。レイアウトは前から決まっているのでしょうから、一般公開日の初日の朝には、ホームページへ会場レイアウトを公開していただきたいです。見学の戦略が立てやすいです。

あっ、「見落とした所は、もう一度見に来てね」ということかもしれませんね。16時以降から入場できるアフター4入場券は900円です。見落としが無い様に、足を運べる方は、再来してみてはいかがでしょうか。

【東京モーターショー2017】広大な会場を効率良く見学してモーターショーを120%堪能する方法を大公開!(http://clicccar.com/2017/10/29/526187/)

【関連記事】【東京モーターショー2017 隠れ名ブースその5】プロの指導を受けながら本物の工業用クレイで、クルマのモデラー体験をしよう【東京モーターショー2017】三菱が人気の「アクティブギア」をeKカスタム、eKスペースカスタムに設定して初公開【東京モーターショー2017】クルマの将来は「この数年が鍵」になるというZF社が考える未来像とは?