ルイス・ハミルトン4度目の世界王者に!19周目、会場全体が一斉に拳を挙げた理由とは?【2017年F1第18戦メキシコGP】

ルイス・ハミルトン4度目の世界王者に!19周目、会場全体が一斉に拳を挙げた理由とは?【2017年F1第18戦メキシコGP】

ルイス・ハミルトン4度目の世界王者に!19周目、会場全体が一斉に拳を挙げた理由とは?【2017年F1第18戦メキシコGP】の画像

2017年F1第18戦メキシコGPがアウトドローモ・エルマノス・ロドリゲス(4.304km、周回数71周)で開催されました。

決勝前日に行われた予選では、セバスチャン・ベッテル(フェラーリ)が第14戦シンガポールGP以来のポールポジションを獲得! 2番手はマックス・フェルスタッペン(レッドブル)、3番手にはルイス・ハミルトン(メルセデス)が続きました。

メキシコGPでハミルトンがドライバーズ・ワールド・チャンピオンを決めるには、ベッテルが優勝の場合5位以上でフィニッシュ、2位の場合9位以上でフィニッシュ、3位以下の場合チャンピオン決定と、ハミルトンがかなり優勢な状況。果たしてチャンピオンはこのレースで決定するのか、それとも次戦までお預けとなるのか、緊張のメキシコGPがスタートです!

スタート直後のターン1で、インにベッテル、中央にフェルスタッペン、アウトにハミルトンという3ワイドに! ターン2でフェルスタッペンがベッテルのインを突き首位に浮上しました。

さらにハミルトンがアウトからベッテルの前に出ようとしますが、ベッテルのフロントウイングが接触しハミルトンの右リヤがパンク。ベッテルもフロントウイングを破損し、両者とも1周目にピットインを余儀なくされ、チャンピオン争いをしている2人が最後尾まで下がってしまうという、大波乱のスタートとなりました。

これにより、上位勢の順位は首位フェルスタッペン、2番手バルテリ・ボッタス(メルセデス)、3番手エステバン・オコン(フォースインディア)、4番手ニコ・ヒュルケンベルグ(ルノー)、5番手セルジオ・ペレス(フォースインディア)、6番手フェリペ・マッサ(ウィリアムズ)、7番手キミ・ライコネン(フェラーリ)に変わりました。

ポイント圏外を走るハミルトンにチャンピオンの座を譲らないためにも、最低でも2位まで順位を上げたいベッテルは猛プッシュ! 前を走るマシンを追い抜いていきます。

12周目、3周目にタイヤ交換をしたマッサにターン4で押し出されながらもパスし15番手にポジションを上げたベッテルは「ここは相手のドライバーを押し出すことを推奨しているのか!?」とチームに訴えます。「セバスチャン、落ち着け、落ち着け」となだめられますが、「僕は集中しているよ!」と返答。ベッテルの焦りを感じた無線でした。

18周目に5番手のペレスがピットイン。その後ヒュルケンベルグ、オコンもピットインしソフトに履き替え、順位を変えることなくコースに復帰しました。

19周目、サーキットにいるほとんどの人(マーシャルやガレージにいるペレスのお父さんまで!)が一斉に立ち上がり右手の拳を高くあげたではないですか! これには今年の9月19日に起きたメキシコ大地震を想い、「皆で団結しよう!」というメッセージが込められているのだそうです。

地震が起きた19日と同じ数字、19周目の間、気持を一つにし拳を力強く挙げ続けている姿には胸が熱くなりました。震災で苦しんでいる方達に、きっとこのメッセージは届いたはず! 被災地の一日でも早い復興、そして笑顔の日々が戻ることを願うばかりです。

32周目、マシンから白煙と炎が上がったブレンドン・ ハートレイ(トロロッソ)はターン7手前にマシンをとめ、リタイア。バーチャルセーフティカーが導入されました。

ここでまだピットインを終えていなかったマシンが続々とピットイン。フェルスタッペン、ボッタスはスーパーソフトに、ライコネンはソフトに履き替え3位に浮上、これで全車がタイヤ交換義務を果たしました。

そしてスタートのアクシデントで1周目にタイヤ交換をしたベッテルとハミルトンもピットイン。ハミルトンはスーパーソフトに履き替えましたが、ベッテルはウルトラソフトという大勝負に出ました! ウルトラソフトは最も軟らかいタイヤで、タイムは出ますがライフが短いのが特徴。残り38周を走りきることができるのか、そして8番手からどこまでポジションアップできるのか要注目です。

レースは順調に進み、71周の戦いを制したのはスタートの混乱をくぐり抜けたフェルスタッペン! 今シーズン2勝目を挙げました。そして2番手ボッタス、3番手ライコネンとフィンランドコンビが続きました。

ウルトラソフトを履いたベッテルは、ファステストラップを刻みながら58周目には4番手まで順位をあげるという驚異の走りを見せつけましたが、3番手ライコネンがいるのは24秒先……。残念ながら最後まで追いつくことができず、4位でレースを終えました。

ベッテル4位フィニッシュにより、ハミルトンの4度目のドライバーズ・ワールド・チャンピオンが決定しました! チェッカーを受けたハミルトンは、頭を抱えながら喜びをかみしめ、ファンの前でドーナツターンを披露!!

「みんなに感謝をのべたい。ここ数年、みんながやってきた仕事は記録に値するものだよ。今年も素晴らしいクルマを本当にありがとう」と涙声でチームに感謝の気持ちを伝えました。

そしてクールダウンラップ中に、ハミルトンの横に並び拍手を送ったベッテル。誰よりも悔しいはずなのにライバルの勝利を祝福するベッテルの姿は、涙ものでした(涙)。今シーズン、チャンピオンシップ争いを繰り広げ私たちファンを楽しませてくれた二人、本当にお疲れ様でした!

ハミルトンのチャンピオンが決まり、大盛り上がりとなったメキシコGPでしたが、最後にビックリな出来事がありました。

いつものように表彰式が終わると、いきなりポディウムがクルリと回転しDJブースが登場したのです! 会場が一気にパーティ会場に変わった中、相変わらずマイペースだったのがライコネン。DJマシンの前に立っても、踊るわけでなく大好きなシャンパンをラッパ飲み! そしてあっという間にステージから姿を消し、裏でキョトンとしている姿は最高に面白かったです(笑)。

メキシコGPリザルトは以下の通りです(ポイント圏内のみ)。

順位/No./ドライバー/チーム
1/#33/マックス・フェルスタッペン/レッドブル
2/#77/バルテリ・ボッタス/メルセデス
3/#7/キミ・ライコネン/フェラーリ
4/#5/セバスチャン・ベッテル/フェラーリ
5/#31/エステバン・オコン/フォースインディア
6/#18/ランス・ストロール/ウィリアムズ
7/#11/セルジオ・ペレス/フォースインディア
8/#20/ケビン・マグヌッセン/ハース
9/#44/ルイス・ハミルトン/メルセデス
10/#14/フェルナンド・アロンソ/マクラーレン

(yuri)

ルイス・ハミルトン4度目の世界王者に!19周目、会場全体が一斉に拳を挙げた理由とは?【2017年F1第18戦メキシコGP】(http://clicccar.com/2017/11/01/526534/)

【関連記事】4号連続購入者限定!超豪華F1速報特製クリアファイル5枚組プレゼントキャンペーンが今号からスタート【F1速報×F1女子〜アメリカGP号〜】メルセデスが4年連続コンストラクターズチャンピオンを獲得!ライコネンがポディウムから勢いよく飛ばしたものとは?【2017年F1第17戦アメリカGP】陽気なダニエル・リカルドが憧れの店で30分間やり続けたこととは?【F1速報×F1女子〜日本GP号〜】