世界初公開された実験車両「フェラーリFXX-K Evo」の最先端エアロボディが凄い

世界初公開された実験車両「フェラーリFXX-K Evo」の最先端エアロボディが凄い

世界初公開された実験車両「フェラーリFXX-K Evo」の最先端エアロボディが凄いの画像

フェラーリの市販モデル開発を加速させる実験車両として、またセレブリティに許されたサーキットプログラムの専用マシンとして使われてきた「XX」シリーズの最新モデルFXX-K Evoが、イタリアでワールドプレミアされました。

公道走行もできなければ、専用プログラム以外のレース参加も不可という「FXX-K Evo」は、フェラーリの次世代モデルに採用されるテクノロジーを先行採用しているのが、最大の注目点。とくに、今回の見どころはエアロダイナミクスにあります。

非常に印象的な2枚翼のリアウイングなど、モータースポーツからフィードバックされた空力デバイスを与えることにより、ダウンフォース係数は従来比で23%も 向上しているといいます。具体的には、200km/hで発生するダウンフォースは640kg、最高速度域では830kgを超えるということです。

ミッドシップに搭載されるエンジンはバンク角65度、総排気量6262ccのV型12気筒で、エンジン単体での最高出力は860馬力。そこにF1譲りのテクノロジーであるHY-KERS(ハイブリッド)をプラスすることで、システム最高出力は1050馬力、最大トルクは750Nmと発表されています。

そのほか、F1テクノロジーに由来するトラクションコントロール、電子制御ディファレンシャルを搭載。サスペンションは磁性体を使ったダンパーシステムが採用されています。

2018/2019年のXXプログラムを担うフェラーリFXX-K Evo、いずれの年も9回のサーキットプログラムが予定されているということです。

(山本晋也)

世界初公開された実験車両「フェラーリFXX-K Evo」の最先端エアロボディが凄い(http://clicccar.com/2017/10/31/527007/)

【関連記事】総額は一体いくら? 両国国技館に珠玉のフェラーリが大集結【フェラーリ70周年記念日本イベント「Driven By Emotion」】「 フェラーリ70周年」記念イベントを10月12〜14日に開催!千里の道も一歩から。伝説的な創業者の信念とは?【意外と知らないクルマメーカーの歴史・フェラーリ編】