【SUPER GT2017】ランクトップに返り咲いた初音ミク!第7戦タイRdを振り返り、チャンピオン争いを占う

【SUPER GT2017】ランクトップに返り咲いた初音ミク!第7戦タイRdを振り返り、チャンピオン争いを占う

【SUPER GT2017】ランクトップに返り咲いた初音ミク!第7戦タイRdを振り返り、チャンピオン争いを占うの画像

いよいよツインリンクもてぎでの最終戦を残すのみとなったSUPER GT2017シーズン。10月7〜8日にタイのチャンインターナショナルサーキットで開催された「2017 AUTOBACS SUPER GT Round7 Chang SUPER GT RACE」では、いよいよシーズンチャンピオンを狙えるチームが絞られてきています。

最終戦ツインリンクもてぎでのチャンピオン争いを占うためにもタイラウンドでの戦いを振り返ってみることにしましょう。

予選日午前中の最大のトピックは、鈴鹿戦で2位を走行しながらも横転クラッシュで大破したVivaC 86 MCが完全修復され、空輸でタイ戦に間に合ったことではないでしょうか。

箱換えも辞さないほどの大破となったVivaC 86 MCですが、新車で買えるGT3ならまだしもマザーシャーシのマシンはGTAから共通部品やシャーシを購入してチームが一から作るもの。つまり大破したら作り直さなくてはならないのですが、もうこれはチーム代表にして監督の土屋武士さんの意地。薄かろうがなんだろうが2年連続チャンピオンへの望みをつないだということで大きな拍手を送りたいほどの偉業といえるでしょう。

そんな話題もあった予選日、午後からはタイ特有のスコール!Q1は各車レインタイヤでのアタックとなりHitotsuyama Audi R8 LMSのリチャード・ライアンがJMS P.MU LMcorsa RC F GT3の坪井翔とのアタック合戦の末Q1トップで通過。続くQ2は一瞬晴れ間が見えたもののスリックタイヤ勢は1周でレインタイヤにチェンジ。

そんな中、Hitotsuyama Audi R8 LMSの柳田真孝が1分38秒142というスーパーラップを叩き出してポールポジションを獲得。

優勝は経験したことのあるHitotsuyama Audi R8 LMSですがポールポジションは参戦以来初めて。そのポールポジションをタイの地で獲得したのです。

そしてチャンピオン争いの中核となるJMS P.MU LMcorsa RC F GT3が2番グリッド、グッドスマイル 初音ミク AMGが4番グリッドとなります。

午前中には晴れていたチャン インターナショナルサーキットですが、グリッドウォーク終了間際にはスコール!スタート時は雨が上がったものの路面はウェットで各チームともタイヤ選択に悩みます。そしてセイフティーカースタート。

序盤は完全なウェットのためレインタイヤを装着したHitotsuyama Audi R8 LMS、JMS P.MU LMcorsa RC F GT3、ARTA BMW M6 GT3、グッドスマイル 初音ミク AMG、SUBARU BRZ R&D SPORTの5台とそれ以外の差は大きく広がっていきます。

しかしウェットとはいえ雨は上がっているために周回が進むにつれ路面は走行ラインから乾き始め10周前後辺りからスリック勢の追い上げが始まっていきます。

そうなって来ると苦しくなるのはレインタイヤ勢。追い抜かれるか、タイヤ交換か。このタイミングでタイヤ交換をすればドライバーの周回数規定に抵触するのでピットインが2度になる。我慢して抵触しない周回数まで引張るかの判断をつけなくてはいけない各チーム。

ギリギリの判断でピットインしたのは予選2位だったJMS P.MU LMcorsa RC F GT3。JMSは周回数の読みを入れ18周で坪井から中山雄一にチェンジ。スリックタイヤで勝負をかけます。

スリックタイヤスタートの中で強さを見せていたのはD’station Porscheで22周目からトップに立ちタイヤの限界まで引張りまくった40周目にピットイン。JMSと初音ミクに順位を奪われますが、それでも3位でレースに復帰します。このときトップに立ったJMSは初音ミクに10秒というマージンを持っています。

初音ミクはファステストラップを繰り返しながら猛追します。しかしそのマージンは大きかったようでゴールの時には6秒。しかし4秒も詰めたところには男気を感じざるを得ません。

優勝は逃げ切ったJMS P.MU LMcorsa RC F GT3。これでランキング2位に浮上します。

そして2位にグッドスマイル 初音ミク AMG。これでランキングトップ!

このタイ戦でチャンピオン争いの顔ぶれがほぼ決定しました。

その中でもトップとなるグッドスマイル 初音ミク AMG。2位のJMSに9ポイント差で最終戦もてぎに臨みます。

グッドスマイル 初音ミク AMGがチャンピオンになるためには最終戦もてぎでJMSの前でゴールすればいいのですが、JMSがチャンピオンになるためには優勝してなおかつ初音ミクが3位以下でなくてはなりません。また初音ミク、JMSともにポイント圏外であればLEON CVSTOS AMGとARTA BMW M6 GT3にもワンチャンス無いこともありません。

チャンピオンの権利がまだ残っている2台と自力でチャンピオンを狙う2台。この4台が軸となりながら、そこに一矢を報いるライバルたち。最終戦もてぎで笑うのはどのチームなのか?いまからワクワクが止まりません。

(松永和浩)

【SUPER GT2017】ランクトップに返り咲いた初音ミク!第7戦タイRdを振り返り、チャンピオン争いを占う(http://clicccar.com/2017/11/04/527289/)

【関連記事】書きたてホヤホヤ!? インディ500勝者佐藤琢磨のサインを発見!【東京モーターショー2017】日産自動車が参戦を発表した「フォーミュラE」ってどんなレース?WTCC、ツインリンクもてぎで開催!1Dayで予選と決勝が楽しめる世界選手権