【SUPER GT2017】猛追さなかのマシントラブル!タイで涙を呑んだSUBARU BRZ GT300

【SUPER GT2017】猛追さなかのマシントラブル!タイで涙を呑んだSUBARU BRZ GT300

【SUPER GT2017】猛追さなかのマシントラブル!タイで涙を呑んだSUBARU BRZ GT300の画像

10月7〜8日にタイのチャンインターナショナルサーキットで開催された「2017 AUTOBACS SUPER GT Round7 Chang SUPER GT RACE」。ギリギリでチャンピオンを狙える位置にいたSUBARU BRZ R&D SPORTにとっては落とせない大一番となっていました。

雨の予選で5番手を得たSUBARU BRZ R&D SPORT。非力といわれるBRZですが、リア荷重に重きを置いた今年のBRZ、実はウェット路面には強さを発揮できるのです。たらればの話ですが、雨でセイフティーカーが2度も出たSUGOでさえ、セイフティーカーのタイミングが違えばトップ集団の中にいるはずのラップタイムで走っているのです。

決勝日の午前中は良く晴れ渡り、このままレースが行われるのかと思われたスターティンググリッド。GT300の5番グリッドに並んだBRZは、にわかに曇りだした空を見てタイヤをレインタイヤに交換します。

降り出した雨は一瞬に路面をハードウェットにするほどのスコールとなります。そしてスタート直前に雨は上がりますが路面は変わらずのハードウェット。スタートはセイフティーカー先導で行われることとなります。そのスタートドライバーは山内英輝選手。

2周にわたるセイフティーカーの先導が解除され、勢いよく飛び出したトップ集団。その5台の中にはタイヤチョイスを成功させたBRZの姿が。このとき山内選手はARTA BMW M6をパスし、4位に浮上していきます。

しかしウェット路面とはいえ雨が上がっていたチャン インターナショナルサーキット。周回を重ねるうちに路面はドンドン乾いていき、10周を過ぎた頃にはレインタイヤでスタートした集団にスリックタイヤをチョイスしたマシンが追いついてくるという状況になってきます。

ここで早々にタイヤチェンジを行いますが、レース全体の3分の2以上を1人のドライバーで走行してはいけないというルールがあるために山内選手はそのまま、ドライバーチェンジをせずにコースに復帰していくのです。

このタイヤチェンジで2ピット作戦をとらざるを得なくなったBRZですが、スリックタイヤにチェンジしたことにより猛追を開始!ウェットが残る路面を1分35秒台という快進撃を始めたのです。

路面が乾いてくればもっとタイムは上がるはず。そしてもう一度入らなくてはいけないピットのために出来るだけ多くのマージンを残す必要があるという状況で山内選手はドンドンペースを上げていこうと走ります。

ピットではその山内選手の快進撃を見守ります。しかし、この時大きな暗雲がチームに立ち込めました。

23周目、突如トラブルにより走行に支障が出始め、マシンをこれ以上壊さないために山内選手はコースサイドにマシンを停めてしまいます。原因は当初は駆動系といわれていましたが、実はエンジントラブルであったのではないかといわれています。

結果としてリタイアとなってしまったBRZですが、最終戦もてぎに向けての手応えはあったとチーム総監督の辰己英治さんは語っています。実際、決勝レース中にはライバルに抜かれることはなく、またそれはストレートへの立ち上がりが速くなったからだとも語っています。

最終戦もてぎに向けて更なるコーナーリングスピードのアップを目指し、パワー不足を補おうというSUBARU BRZ R&D SPORT。ノーウェイトとなる最終戦でどんな戦いを見せてくれるのか。厳しかった今シーズンに最後に華を見たい、そんな気持ちでいっぱいです。

(松永和浩)

【SUPER GT2017】猛追さなかのマシントラブル!タイで涙を呑んだSUBARU BRZ GT300(http://clicccar.com/2017/11/05/527313/)

【関連記事】【SUPER GT2017】ランクトップに返り咲いた初音ミク!第7戦タイRdを振り返り、チャンピオン争いを占う書きたてホヤホヤ!? インディ500勝者佐藤琢磨のサインを発見!【東京モーターショー2017】スバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは前進のカタチ【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】