【東京モーターショー2017】スズキ・スペーシア コンセプトの収納ボックスが「リモワ」だった!?

【東京モーターショー2017】スズキ・スペーシア コンセプトの収納ボックスが「リモワ」だった!?

【東京モーターショー2017】スズキ・スペーシア コンセプトの収納ボックスが「リモワ」だった!?の画像

スズキブースに展示された「スペーシア コンセプト」。「コンセプト」を名乗ってはいるものの、車両は次期型スペーシアそのもの。助手席の足元には発煙筒まで装備されていて、発売される車両と寸分変わらない仕様だ。

そんなスペーシア コンセプトでの「そう来たか」は、「わかいい」のエッセンスを取り込んだ内外装デザイン(「カスタム」は除く)。

このジャンルは現在、軽スーパーハイトワゴンの先駆者であるダイハツ・タントや最後発ながら販売トップのホンダ・Nボックスをトップ2に仁義なき戦いを繰り広げている。強豪ひしめく、しかも居住スペースではもはや差をつけにくいこのジャンルでどう個性化を出していくかが、各社の悩みどころなのである。

そういった中で、スペーシアは「かわいさ」を感じさせてライバルと差をつける戦略のようだ。その真骨頂が、ダッシュボードの助手席前部分。

グローブボックスとは別に大きめの収納ボックスがあり、そのリッドの雰囲気がなんとリモワのスーツケース(アルミ製ではなく樹脂製のタイプ)なのだ。

開発スタッフの話によると「旅行に出かける前のパッキングのわくわく感を演出した」とのことで、まさに……である。

ゼロハリ派としては「どうしてゼロハリではなくリモワなのか…?」と思わなくもないが、それはまあ置いておこう。そしてスズキではない自動車メーカーの女性広報部員に写真を見せたところ「これはいいねー。しかも私が使っているリモワと同じ色」とやたらと好評だったのはここだけの内緒だ。

そんなスペーシアには、リヤシートのスライド&格納が荷室側からできるようになると同時に、ワンタッチで床下に格納できるようになっていたり、フロントガラス投影タイプのヘッドアップディスプレイや後席用サーキュレーターが組み込まれていたり、荷室の開口部下に自転車の積み下ろしに便利な溝があったりと、新しい機能や工夫が多数盛り込まれていた。また、ワゴンR同様に軽自動車最大の室内幅も実現している。

ところで「カスタム」は、フロントグリルの大きさにびっくり! 「仁義なき戦い」の激しさ・厳しさを象徴するデザインとも言える。

(工藤貴宏)

【東京モーターショー2017】スズキ・スペーシア コンセプトの収納ボックスが「リモワ」だった!?(http://clicccar.com/2017/11/02/527541/)

【関連記事】【東京モーターショー2017】マツダ「VISION COUPE」はロータリーエンジンを積むのか?【東京モーターショー2017】「球のタイヤ」登場! この突拍子もない発想はどこから来るのか?【東京モーターショー2017】レースクイーン「BREEZE」が紹介する、スバル車のオススメポイント!