スバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは前進のカタチ【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

スバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは前進のカタチ【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

スバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは前進のカタチ【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】の画像

東京モーターショーに出展されるコンセプトカーから、各社注目車をピックアップ。担当デザイナー氏に速攻インタビューを試みました。第6回はスバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPTです。

── まず、今回のコンセプトについて教えてください

「VIZIVシリーズは、従来SUVでアクティブライフや家族との時間、安全を表現してきましたが、今回は原点に戻って走る楽しみをテーマに、スポーツセダンとしてまとめました」

── フロントは従来のスバル車のイメージを残しつつ、より前進するイメージです

「今回は、全体に軸を前に傾けたデザインにしています。グランドツーリングというよりも、スタートダッシュのイメージですね。そこでフロントノーズも前に出し、低く構えたわけです」

── キャビンの形状はかなり現実的に見えます

「通常、こうしたコンセプトカーの場合はキャビンを思い切り薄くするような手法が多いのですが、スバルはそれはしない。しっかり乗員が乗れる空間を意識しつつ、その上で滑らかなルーフにしています」

── 大きく張り出したフェンダーは今後の方向性を示していますか?

「はい。ただ量産車ではサイズが限られますので、今回のリアのように、ボディを絞ることでフェンダーを強調する手法をとりました。そこにリアランプが乗り、スタンスのよさを出しています」

── ホイールアーチに角を持たせた表現が特徴的です

「まず、今回はホイールアーチ自体が空力パーツになっていて、凸部を設けて空気を整流したり、ホイールハウスの空気を逃がす構造にもなっている。その上で、前進するイメージとして、六角形を前に倒したようなカタチにしました」

── サイドグラフィック後端の蹴り上げが意外に利いていますね

「これまでSUVのVIZIVでは、ダイナミック&ソリッドのソリッドが前面に出ていたのですが、今回はダイナミックさを出そうと。余計な線は入れたくはないですが、ちょっとした動きから表現できると考えました」

── 本日はありがとうございました。

(語る人)
株式会社スバル
商品企画本部デザイン部 主幹
河内敦 氏

(インタビュー:すぎもと たかよし)

【関連リンク】

【東京モーターショー2017コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】

第1回「トヨタ Tj CRUISER」
https://clicccar.com/2017/10/26/524603/

第2回「ダイハツ COMPAGNO」
https://clicccar.com/2017/10/27/525146/

第3回「三菱 e-EVOLUTION CONCEPT」
https://clicccar.com/2017/10/29/525927/

第4回「日産 IMx」
https://clicccar.com/2017/10/31/526432/

第5回「マツダ VISION COUPE」
https://clicccar.com/2017/11/01/526769/

スバル VIZIV PERFORMANCE CONCEPTは前進のカタチ【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】(http://clicccar.com/2017/11/03/527694/)

【関連記事】各社のVIPによるプレスブリーフィングが熱い!(一般公開日とプレスデーとの違い・その1)【東京モーターショー2017】【東京モーターショー2017】TOKYO CONNECTED LAB 2017「THE FUTURE」では、人々が望むモビリティの未来を映像化日本のものづくりを元気に支える制服美女のたまらん笑顔と、秘められし部品【東京モーターショー美女めぐり】