【新型リーフ試乗01】満充電でメーターには281キロと表示! 実電費でフル充電から航続距離何キロ実走行できる?

【新型リーフ試乗01】満充電でメーターには281キロと表示! 実電費でフル充電から航続距離何キロ実走行できる?

【新型リーフ試乗01】満充電でメーターには281キロと表示! 実電費でフル充電から航続距離何キロ実走行できる?の画像

我が家に新型リーフがやってきました。

ラディアントレッドという、目の覚める様な赤いボディにウットリしつつ、今日一日のドライブに心躍らせて、充電中のリーフへ向かいました。

本日は快晴、箱根の山を登るロングドライブコースの予定。JC08モードにて航続距離400kmと日産自動車が宣伝している新型リーフ。さて、どれだけ航続距離が溜まったのか、早朝に見てみました。

多くの電気自動車はメーター上に、航続距離が表示されます。乗ったことのある方はお分かりの通り、常にこの航続距離をにらめっこしつつ、目的地まで行けるか?それとも充電スポットまで行くか?と考えます。特にロングドライブでは、充電計画を立てるためにも、朝一番の航続距離が気になるのです。

リーフのパワースイッチをオンに入れ、メーターに映し出された表示は、充電率100パーセントで航続距離281km。。「え、そんなものなのか。。」ちょっと唖然としました。日産のいう航続距離400kmに対して、おおよそ7掛けとは、ずいぶん誤差があるじゃないかと。

400kmという航続距離は、国が定めるJC08モードでの数値です。ちなみにJC08モードとは、クルマの型式指定検査の際に行う、シャシーダイナモを使った試験結果です。実際の使用状況に近い、細かい速度変化で運転するとともに、エンジン(リーフの場合はモーター)冷えた状態からスタートする測定がされます。その昔の燃費基準だった10・15モード足底に比べたら実走行に寄せた試験となった、と言われています。

そのため、クルマ単体のコンディションから算出される予測値とは異なる事は承知の上ですが、ちょっと差が大きすぎやしませんか?まだ3000kmも走っていない新車のリーフの航続距離が、フル充電で281kmとは、不意打ちを食らった様な感情と、裏切られた様な寂しい感覚を覚えました。う〜ん、いいのか日産。宣伝で大きく言いすぎてやしませんか?

リーフの航続距離の表示は、気候やエアコンのオンオフ、前回の運転の仕方によって変動します。念のため、航続距離の数字を見た時は、エアコンはオフ、ドライブモードもECOに入れています。筆者が前日に頑張って運転していたのか?否、丁寧な加速減速をしておりましたので、決して無茶をしていた訳ではありません。

後日、とある日産の関係者からお聞きしました。運転操作を完璧に丁寧に行って、ずーっとECOランプがつくところでのアクセル操作を抑えても、400kmにはならないそうです。おそらく、8掛けの310km-320km程度でしょう。ガソリン車と違い、充電所がどこでもあるわけではありません。CMや雑誌などで「新型リーフ、ついに航続距離400km達成!!」なんていう踊り文句の横に書かれた、(ただしJC08モードね)の文字には、気を付けないとなりませんね。

さて、航続距離281kmの情報を元にして、本日の充電計画を立てました。箱根の芦ノ湖まで登り、下った後に充電でも十分に間に合うでしょう!と。200V普通充電器のコネクターを外して、コードをしまい、目的地を箱根の芦ノ湖へセットしました。では、新型リーフによる快適なドライブへ行きがてらレビューをしてまいります。(続く)

(文:吉川 賢一/写真:吉川 賢一・小林 和久)

【新型リーフ試乗01】満充電でメーターには281キロと表示! 実電費でフル充電から航続距離何キロ実走行できる?(http://clicccar.com/2017/11/03/528228/)

【関連記事】ソニーが独自開発のEV「ニューコンセプトカート SC-1」を東京モーターショー開幕直前に発表した理由とは?日産・リーフに徹底対抗!? 航続距離500km狙うヒュンダイ「コナEV」の充電シーンを激写【東京モーターショー2017 コンセプトカー・デザイン速攻インタビュー】日産 IMxは先進技術と和の融合