【新車】ダークチェリー色のソフトトップが上質な特別仕様車のロードスター「RED TOP」を設定

【新車】ダークチェリー色のソフトトップが上質な特別仕様車のロードスター「RED TOP」を設定

【新車】ダークチェリー色のソフトトップが上質な特別仕様車のロードスター「RED TOP」を設定の画像

マツダ・ロードスターのソフトトップはブラックのみでしたが、12月14日から発売される特別仕様車のロードスター「RED TOP」は、その名のとおり、レッド系の幌が採用されています。

「黒だと少し重い雰囲気に感じる」という主に女性からの声に応えたものだそうで、赤といっても落ち着きのあるダークチェリー色。さらに、赤褐色(オーバーン)のナッパレザーとの組み合わせになるインテリアも特徴で、内・外装ともに派手すぎませんが、華やかな雰囲気が増しています。

さらに、ボディ同色のドアミラー(通常は黒)を採用することで、ボディカラーとダークチェリーソフトトップの2トーンカラーがより映えています。足元は、高輝度塗装の16インチアルミホールを採用。

「RED TOP」のオーダーは、2018年3月31日まで受付となっています。今後、レッドソフトトップを残すかは、反響次第だそう。少なくても赤褐色のナッパレザーとの組み合わせは、同限定車ならではのコーディネイトになります。同特別仕様車の価格は、6MTが304万5600円、6ATが315万3600円です。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【新車】ダークチェリー色のソフトトップが上質な特別仕様車のロードスター「RED TOP」を設定(http://clicccar.com/2017/11/10/530533/)

【関連記事】【新車】マツダ・ロードスター/ロードスターRFが一部改良。アダプティブLEDヘッドライトを採用マツダの「NAロードスターレストアサービスの事前説明会が12月に開催。参加申し込みは11月17日から11月26日【新車】カラーコーディネイトにこだわったデミオの特別仕様車「Noble Crimson(ノーブル・クリムゾン)」