【SUPER GT2017】チャンピオンに一歩近づくポールポジション!初音ミク AMGが予選を完全制覇

【SUPER GT2017】チャンピオンに一歩近づくポールポジション!初音ミク AMGが予選を完全制覇

【SUPER GT2017】チャンピオンに一歩近づくポールポジション!初音ミク AMGが予選を完全制覇の画像

11月11〜12日にツインリンクもてぎで開催されるSUPER GT最終戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL」の予選が11日に行われました。

GT300クラスでは、ランキングトップのグッドスマイル 初音ミク AMGがQ1、Q2ともにトップタイムをマークしてポールポジションを獲得しました。

Q1を担当した谷口信輝選手が2番手に0.5秒以上も差をつけた1分46秒825をたたき出し、続く片岡達也選手にバトンタッチします。

そしてQ2スタート!

グランドスタンドだけではなく各コーナーでも初音ミクの旗を振るサポーターに見守られながらじっくりとタイヤを暖めていきます。そして残り5分を過ぎたあたりでアタックを開始。

片岡選手が一発でトップタイムをマークした様子をモニターで見ていた谷口選手とチーム代表の安藝氏。予選が終了し、もう誰も初音ミクを抜き去ることが出来ないことを確認すると、ガッチリと固い握手を交わします。

片岡選手にとっては、SUPER GTで自身のドライブによるポールポジションを獲得したのは、なんと今回が初めて!

このまま明日の決勝も優勝を果たせば、まさに完全勝利によるチャンピオンとなりますから、これは期待しないわけには行きません。

(文・写真:松永和浩)

【SUPER GT2017】チャンピオンに一歩近づくポールポジション!初音ミク AMGが予選を完全制覇(http://clicccar.com/2017/11/11/531102/)

【関連記事】【SUPER GT2017】最終戦もてぎでDTMマシンが「本気モード」のデモ走行を披露【SUPER GT2017】猛追さなかのマシントラブル!タイで涙を呑んだSUBARU BRZ GT300【SUPER GT2017】ランクトップに返り咲いた初音ミク!第7戦タイRdを振り返り、チャンピオン争いを占う