4冠王者アラン・プロストから見たルイス・ハミルトンの強さの秘密とは?【F1速報×F1女子〜ブラジルGP号〜】

4冠王者アラン・プロストから見たルイス・ハミルトンの強さの秘密とは?【F1速報×F1女子〜ブラジルGP号〜】

4冠王者アラン・プロストから見たルイス・ハミルトンの強さの秘密とは?【F1速報×F1女子〜ブラジルGP号〜】の画像

11月16日(木)に「F1速報ブラジルGP号」が発売されました。

今号はルイス・ハミルトン祭り! 巻頭特集「ルイス・ハミルトン 最強王者の渇望」では、ファン-マヌエル・ファンジオ、アラン・プロスト、ミハエル・シューマッハー、セバスチャン・ベッテルに続くF1史上5人目の4回目のワールドチャンピオンを決めたハミルトンを、全13ページに渡って徹底分析しています。

中でも興味深かったのは、誰もが口を揃えて「今シーズンのハミルトンは別人のように生まれ変わった」と話していること。彼らをそう思わせた理由は一体何なのでしょうか? 本誌から少しだけ紹介しちゃいます。

■チーフレースストラテジストのジェームス・バレスが証言

「今季のメルセデスは、まるでふたりの新しいドライバーと過ごしたような1年だった。ひとりはバルテリ(ボッタス)で、もうひとりは“ニュー”ルイス(ハミルトン)だ」と話すのは、メルセデス チーフレースストラテジストのジェームス・バレス。
「まず、エンジニアたちとの仕事を大切にするようになった。今まではひとたびマシンを降りると、コクピットのなかで行っていたような努力を見せるようなことはほとんどなかった。ドライバーの仕事はマシンを速く走らせるだけ。どのようにすれば、マシンが速くなるのかを考えるのはエンジニアの仕事と割り切っていたところがあったんだ。それが、今季はエンジニアとのコミュニケーションを大切にするようになった」
バレスがハミルトンの変化に気がついたのは、今年2月のウインターテストの時だったと言います。
「今までのルイスはテストになると違う人間か……と思うほど人が変わっていた。いわゆる速いけど、テストが好きじゃないタイプの代表的なドライバーだった。16年シーズン終了後のアブダビテストでは『体調が悪くなった』と言って、2周走っただけで帰ってしまったくらい。ところが、今年は別人だった。ウインターテストではまったく不満を言うことなく、チームが用意したプログラムを淡々とこなしていたよ」

■Interview with Alain Prost

特集には、現役時代「プロフェッサー」と称され4回チャンピオンを獲得したアラン・プロストも登場! 超一流ドライバーだったからこそ分かるハミルトンの真のすごさをたっぷりと語ってくれています。

「F1に上がって最初のうちは、他の誰もがそうであるように自分の実力を認めさせようと必死だった。最初のタイトルを獲った後も、その必死さはしばらく続いた。それはハングリー精神でもあったわけだけど、コース上でもその外でもしばしば極端なかたちで出てしまった。しかし、メルセデスで2度目のタイトルを獲ったあたりから、ルイスは確実に変わった。周囲に認められ、それとともに私生活でも安定した。F1とはまったく関係のない人々と親交を結ぶのは、おそらく世界チャンピオンじゃない自分も認められたかったからだろう。現時点でのルイスの精神状態は、F1ドライバーにとってのひとつの理想に近いんじゃないかな」

F1ドライバーは速く走ること以外にも「エンジニアやメカニックをその気にさせる」ことも重要な役割のひとつと考えるプロスト。ハミルトンをはじめ複数のタイトルを獲得したチャンピオン達について以下のように述べています。
「彼らは、スタッフのモチベーションを長い期間にわたって最大限に引き出してきた。そのなかでは、たとえばフェルナンド(アロンソ)は政治的な動きが多いとか、批判ばかりするとか非難されている。しかし、スタッフを引っ張る能力においてだけでも、彼は依然として偉大な世界チャンピオンだよ。ルイス(ハミルトン)にしても、彼の日常的な振る舞いやハリウッドセレブたちとの付き合いが批判されたよね。でも、ひとたびサーキットに来れば、誰もが彼に引き寄せられる。レース週末のルイスはまるで別人だ」
■Interview with Lewis Hamilton

「何度経験しても飽きることはないし、別のものと似ているように思うこともない。今季のタイトルは、これまでのなかで一番だと感じている。なぜなら、F1を象徴する名門チームのフェラーリと過去に4回も世界チャンピオンになったセバスチャン(ベッテル)を相手に勝ち獲ったものだからだ」と語るハミルトン。

初めてのタイトルと今回とでは何が違うかという質問に対し、自分自身が人としてどれほど変わったか当時を振り返っています。
「唯一にして最大の違いは08年の僕はまだ子供だったことだ。22歳くらいだと、自分は何でも知っていると思いがちだ。でも、実際にはまだ何も知らない。そして、30歳になってから22歳当時を振り返ってみると、自分が何者で、どこへ行こうとしているのか、当時は何も分かっていなかったと感じるんだ。概して男性よりも女性の方が成熟するのが早いし、ティーンエイジャーの少年たちのなかにも、同じ年頃だった時の僕よりずっと成熟している子が大勢いた。僕自身について言えば、レースに夢中だった子供時代、つまり成長過程を懐かしむ気持が強すぎて、成熟に時間がかかったのかもしれない」

最大のライバルだったニコ・ロズベルグがチャンピオンを獲得して、電撃引退をした2016年シーズン。もしかしてハミルトンまで……と少し心配していたのですが、彼のモチベーションはまだまだ高いようです。
「ライバルたちはいつでも僕からチャンピオンの座を奪い獲ろうと狙っている。なかでもマックス(フェルスタッペン)は、すぐそこで待ち構えているような気がするよ。彼に対して優位に立ち続けるには、常に自分の技量を高めていく必要があり、それが僕にはモチベーションの源泉にもなる。だから、もう来季に向けての意欲は十分に高まっていると言ってもいい」

そして、将来のことについても語ってくれています。
「僕は来季もここにいるだろうし、あと数年か2年先かは分からないけど、できるだけここにいたいと思う。現役を終えた後もまだ長い人生があるのだから、その時が来たと感じたらキッパリ辞めるつもりでいる。引き際を誤って、僕の人生の最良の時期を台無しにしたくないからね。ドライバーとしてのキャリアの後にもまだいろいろと素晴らしい機会があるだろうし、将来のことも考え始めてはいるよ。だけど、今はドライビングが楽しくて仕方がないんだ!」
頼もしいコメントに一安心。これから更に進化し続けるであろう、「“ニュー”ハミルトン」の今後の活躍が楽しみです!

「チャンピオン獲得記念号」と言っても過言ではない「F1速報ブラジルGP号」は書店、三栄書房オンラインショップで発売中です。

ハミルトンファンの皆さん、永久保存必須ですよ!

(yuri)

【関連リンク】

三栄書房オンラインショップ

4冠王者アラン・プロストから見たルイス・ハミルトンの強さの秘密とは?【F1速報×F1女子〜ブラジルGP号〜】(http://clicccar.com/2017/11/19/532109/)

【関連記事】鳴り止まない「フェリペコール」に感動!フェリペ・マッサ最後の母国GP【2017年F1第19戦ブラジルGP】フェルナンド・アロンソ特集!ヘルメットをかぶると性格が一変する理由とは?【F1速報×F1女子〜メキシコGP号〜】ルイス・ハミルトン4度目の世界王者に!19周目、会場全体が一斉に拳を挙げた理由とは?【2017年F1第18戦メキシコGP】