【新車】ジャガーXEが2018年モデルで「INGENIUMガソリン・エンジン」を追加

【新車】ジャガーXEが2018年モデルで「INGENIUMガソリン・エンジン」を追加

【新車】ジャガーXEが2018年モデルで「INGENIUMガソリン・エンジン」を追加の画像

ジャガーのDセグメントモデル「XE」の2018年モデルが11月17日に発売されました。

最大のトピックスは、自社製4気筒エンジンである「INGENIUM(インジニウム)」の2.0L直列4気筒ガソリンを新たに設定したことで、出力が異なる3タイプ(最高出力200ps、250ps、300ps)が用意されています。

さらに、最高出力380psを誇る3.0L V型6気筒スーパーチャージャー搭載のハイパフォーマンスモデル「S」をはじめ、2.0リッター直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジンが搭載された3グレード(「PURE」、「PRESTIGE」、「R-SPORT」)にはインテリジェント・ドライブライン・ダイナミクス(IDD)を備えた4WDも加わり、ラインナップは14機種を数えます。

安全性も向上。歩行者検知機能付となる自動緊急ブレーキ(AEB)や車両の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示し、運転操作をサポートするサラウンド・カメラシステムを強化した「フォワード・トラフィック・ディテクション」、車線変更時の衝突回避をサポートする「ブラインド・スポット・アシスト」が新たに採用されています。

また、直感的なタッチ操作やホーム画面を自由にカスタマイズできる10.2インチ静電式タッチスクリーンのインフォテインメント・システム「InControl Touch Pro」には、運転席と助手席の乗員が同時に異なるコンテンツを見ることができるデュアルビュー機能も搭載。

さらに、「InControl Touch Pro」に通信機能を新たにオプション設定し、スマートフォンのアプリを介して、車両から離れた場所でドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認したり、緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールにつないだりすることが可能になり、コネクティビティ機能も強化も朗報といえそうです。

2018年モデルにスイッチしたジャガーXEの価格帯は、「INGENIUM」ガソリンモデルが4,510,000円〜7,070,000円(全7機種)、3.0L V6スーパーチャージャー搭載車の「XE S」が8,390,000円。「INGENIUM」ディーゼルエンジンが5,190,000円〜5,980,000円(全6機種)です。

(塚田勝弘)

【新車】ジャガーXEが2018年モデルで「INGENIUMガソリン・エンジン」を追加(http://clicccar.com/2017/11/21/533663/)

【関連記事】【新車】日産GT-Rが2018年モデルで盗難防止装置を全車標準化【新車】オデッセイがマイナーチェンジ。「ホンダ・センシング」を全車標準化、力強い顔つきに変身【新車】キリッとした男前になったダイハツ・アトレー ワゴン