【SUPER GT2017】GT300初音ミク、2017チャンピオン決定。その瞬間、ピットでは?

【SUPER GT2017】GT300初音ミク、2017チャンピオン決定。その瞬間、ピットでは?

【SUPER GT2017】GT300初音ミク、2017チャンピオン決定。その瞬間、ピットでは?の画像

11月12日のSUPER GT最終戦「2017 AUTOBACS SUPER GT Round 8 MOTEGI GT GRAND FINAL」までもつれ込んだ2017シーズンのチャンピオン争い。

GT300では優勝経験チームが6チーム、その中で2勝をあげたチームが2チームいる中で、今年のチャンピオンは手堅く毎戦ポイントを積み重ねてきたグッドスマイル 初音ミク AMGがチャンピオンを獲得しました。

フルウェイトのハンデ100kgを積んだ上にBOP(性能調整)でもウェイトを積む事になって「市販のAMG GTと重さが同じだよ」とチームの安藝代表に言わしめた鈴鹿1000km以外ではポイントの取りこぼし無し。

開幕戦岡山で優勝、8月の富士とタイで2位とし、タイ戦終了時点で9ポイント差のランキングトップとなった初音ミク。予選でポールポジションを獲得したことによりライバルに10ポイント差として臨んだ決勝レース。

しかし、予選で使ったタイヤを決勝のスタートタイヤにしなくてはいけないというルールがチームの頭をもたげます。

片岡龍也選手がポールポジションからのスタートで一気に差を広げ、最少の周回数でピットインした初音ミク。そのとき、ライフの長いタイヤに履き替え谷口信輝選手に託しますが、ピットイン直前のタイムには及ばず全車ピットインを終わる頃には4位となってしまいます。

しかし、四輪全てを交換した初音ミクの谷口選手は、初音ミクの前を行くライバルが無交換や二輪交換などで広範に徐々にペースを落としていくことを見逃しません。

ラスト5周で前を走るVivaC 86 MCを下して3位に浮上!このままゴールできればチャンピオン決定。

その様子をピットのモニターで見ていた安藝代表と片岡選手は、思わずニヤリ。

そして、いよいよチェッカーの瞬間!

片岡選手はサインガードのフェンスから谷口選手を迎えます。フィニッシュラインを通過したのを確認すると、チャンピオン決定の瞬間です。

ピットから駆け寄ってきた安藝代表と固くハグする片山右京監督。

勝利の涙は、今シーズンを本気で戦ってきた証です。

かつての盟友、Studieの鈴木監督もすぐさま祝福に!

レースクイーン「レーシングミクサポーター2017」も号泣!

チェッカーの瞬間、ピットは安堵と祝福の空気に包まれていきます。

チーム発足10年目で3度のチャンピオンという偉業を成し遂げたグッドスマイルレーシング。片山右京監督曰く「世界一の寄せ集めチーム」とのことですが、その実力は3度のチャンピオンという実績に表れているのではないでしょうか。来年もシリーズを牽引するチームであることは間違いないと言えるでしょう。

(写真:松永和浩、高橋秀彰 文:松永和浩)

【SUPER GT2017】GT300初音ミク、2017チャンピオン決定。その瞬間、ピットでは?(http://clicccar.com/2017/11/23/533799/)

【関連記事】【SUPER GT2017】苦しかった今シーズンのSUBARU BRZ GT300。最終戦もてぎで一矢を報いたか?【SUPER GT2017】オーバーテイク連発!最終戦もてぎのGT300は熱い戦いの連続だったSUPER GT GT300シリーズチャンピオンに輝く谷口信輝を正確な時刻で支えたCASIO EDIFICE