来年の目標はチャンピオン獲得!トヨタ・GAZOO Racing WRC2017年シーズン報告会

来年の目標はチャンピオン獲得!トヨタ・GAZOO Racing WRC2017年シーズン報告会

来年の目標はチャンピオン獲得!トヨタ・GAZOO Racing WRC2017年シーズン報告会の画像

11/23トヨタ東京本社でガズーレーシング(GAZOO RACING)のWRC2017年シーズン報告会が開催されました。

最初に友山GAZOORACINGカンパニー・プレジデントより挨拶と参戦に至る過程、初年度のシーズンを通しての所感が語られました。

参戦発表後のトヨタとトミ・マキネンレーシングのマシン開発の主導権争いから「エンジンはトヨタ、車体はマキネン主体」となった経緯、開幕戦モンテカルロの2位、第2戦スウェーデンの優勝と望外であったシーズンの滑り出し、そこから全てのイベントが初参加となるチームの苦戦、開発に次ぐ開発の繰り返しによるノウハウの蓄積など「学びの年」の位置づけた初年度は期待以上の結果を残した、と今年を語りました。

さらに1月下旬に開幕する2018年シーズンは、3台体制での通年エントリーとタイトルを目指すとの宣言が有りました。

また、別途「今年勝てたイベントは開発している北欧で、苦戦したのはテストが充分に出来ていなかったイベント」と分析されていました。苦戦したラウンドについては今年の経験でノウハウを蓄積した事で、来年は競争力が高まり通年を通してチャンピオンシップを目指すと説明がありました。

そして、トミ・マキネン監督、ヤリ・マティ・ラトバラ/ミーカ・アンティラ組とエサペッカ・ラッピ/ヤンネ・フェルム組のWRCチームメンバーが登場。

今年の報告と来年の抱負が語られ、エースのラトバラ選手からはWタイトル獲得宣言がありました。

また、キャリア4戦目の母国開催イベントで初優勝を達成したラッピ選手からは「WRカーに乗って母国で優勝する事は自分の夢でした。それがこんなに早い機会に訪れるなんて本当に特別な瞬間でした」とラリーの方がF1より人気の高い北欧出身者ならではの感想が語られました。

そして、サプライズゲストとして2018年ガズーレーシングに参加するオット・タナク/マルティン・ヤルヴェオヤ組が登場しました。

タナク選手はエストニア出身の現在30歳。2017年はMスポーツフォードから参戦すると、シーズン序盤から上位入賞と繰り返し、第7戦ラリーイタリアでキャリア初優勝。今シーズン2勝を挙げ、シリーズランキング3位を獲得した成長著しいドライバーです。今年Mスポーツフォードに在籍していたためか、シャツはGAZOOチームロゴが入っていないものを身につけていました。

また、タナク選手には豊田章男社長よりプレゼントが届けられており、それが披露されました。

2015年にラリーアルゼンチンの際、コース脇の池に車を水没させ、修復して完走したTVで御馴染みの「池ポチャ」(ラリーマニアの間ではタイタナックと呼ぶ)事件の際、セレモニアルフィニッシュに2名でゴーグルとシュノーケルを付けて登場した事があります。

箱を開くとそこにはGAZOORACING仕様のシュノーケリングセットが。

サルディニア(ラリーイタリア)で優勝すると、ラリークルーやスタッフが岸壁から海に飛び込むセレモニーがありますが、「そこでお使いください」と、ユーモア満点でスパイシーなプレゼントにタナク選手は苦笑し、会場は爆笑。タナク選手が今年初優勝のあげた地だけに「来年優勝したらぜひ使います」とのコメントに、マキネン監督が「着ける間もなく突き落としてやる!」と更に会場の笑いを誘い、チーム内でのコミュニケーションが既に出来ている事を伺わせました。

そのほか、1000件以上の応募から選ばれた幸運な一般参加者からの質疑応答や、ファンから「必勝ダルマ」のプレゼント贈呈がありました。

今年、WRCの舞台に復帰して、初年度から2度の優勝を含め6度の表彰台を獲得したトヨタガズーレーシングラリーチーム。市販車のヤリス(ヴィッツ)をベースに戦うだけにGRシリーズにもノウハウがフードバックされ続ける様です。

今年合計4勝している強力なクルーと更に熟成されるマシンにより1月より開幕する2018シーズンについても、より一層の活躍とその先のタイトル獲得を期待せずにはいられません。

(川崎BASE/PHOTO Y.KANOH)

来年の目標はチャンピオン獲得!トヨタ・GAZOO Racing WRC2017年シーズン報告会(http://clicccar.com/2017/11/24/534661/)

【関連記事】パンダの耳は白か?黒か? ガッキーが問いかける金曜の新垣さん新ムービー「#フ?ラック フライテ?ー」公開寄り添い心通うパートナーロボット「KIROBO mini」をトヨタが全国発売【新車】今年で誕生50周年。初代から5代目の現在まで、ハイエースの歴史を振り返る