クロスオーバーSUVのMAZDA CX-30にも「SPCCI」の「SKYACTIV-X」仕様が設定【新車】

クロスオーバーSUVのMAZDA CX-30にも「SPCCI」の「SKYACTIV-X」仕様が設定【新車】

CX-30のSKYACTIV-X仕様

■MAZDA CX-30「SKYACTIV-X」の価格帯は3,294,500円〜3,713,600円
MAZDA 3に続き、MAZDA CX-30にも「SKYACTIV-X」搭載車が設定されました。

同社独自の燃焼制御技術「SPCCI(Spark Controlled Compression Ignition:火花点火制御圧縮着火)」により、ガソリンエンジンにおける圧縮着火を世界で初めて実用化した新世代ガソリンエンジンである「SKYACTIV-X」が搭載されるクロスオーバーSUVのMAZDA CX-30がデビューしたことになります。

CX-30は、全長4395×全幅1795×全高1540mmというサイズで、狭い住宅街でも取り回ししやすく、幅1800mm以下や1550mmの高さ制限がある駐車場でも入庫できます。ユーザーから「市街地での取り回しが容易な、ちょうどいいサイズ」「デザインと居住性、静粛性・オーディオが高次元でバランスされた質感の高い室内空間」「特徴的で美しいエクステリアデザイン」「運転がしやすく、今までより遠くまで行きたくなる」など、洗練されたスタイリングと機動性、パッケージングが融合された点などが支持されているそう。

新たに搭載された「SKYACTIV-X」は、ガソリンエンジンならではの高回転までの伸びの良さと、ディーゼルエンジンの優れた燃費、トルク、応答性といった特徴が融合され、一般的なガソリンエンジンよりも力強く、「人馬一体」の気持ちよい走り、優れた環境性能を両立したマツダ渾身の次世代エンジン。また、スーパーチャージャーやマイルドハイブリッドシステム「M Hybrid(エム ハイブリッド)」の採用により、滑らかで気持ちの良い走りと、高い燃費性能も特徴。

「SKYACTIV-X 2.0」は、2.0Lの直列4気筒DOHCエンジンで、圧縮比は15.0、180ps/6,000rpm、224Nm/3000rpmというスペック。さらに、24Vのリチウムイオン電池を搭載し、モーターは4.8kW(6.5ps)/1000rpm・61Nm/100rpmという数値になっています。

気になる価格は「X PROACTIVE」の2WDが3,294,500円(AT/MT)、同4WDが3,531,000円(AT/MT)。「X PROACTIVE Touring Selection」の2WDが3,415,500円(AT/MT)、同4WDが3,652,000円(AT/MT)。「X L Package」の2WDが3,477,100円(MT/AT)、4WDが3,713,600円(MT/AT)です。

なお、2.0Lガソリンの「SKYACTIV-G 2.0」搭載車の価格は、2,392,500円〜3,030,500円。1.8Lディーゼルエンジンの「SKYACTIV-D 1.8」は、2,887,500円〜3,305,500円です。

(塚田勝弘)

クロスオーバーSUVのMAZDA CX-30にも「SPCCI」の「SKYACTIV-X」仕様が設定【新車】(http://clicccar.com/2020/01/20/948592/)

【関連記事】