走る蓄電池! 万一の災害時(停電時)に電源車として使えるのはどんなクルマ?

走る蓄電池! 万一の災害時(停電時)に電源車として使えるのはどんなクルマ?

新型ヤリスのAC100Vコンセント

■EVの「V2H(Vehicle to Home)」には追加費用が必要
2019年の台風被害で千葉県を中心に長い間、停電が続いたことでEV(バッテリーEV:BEV)やPHV、HVなどを「走る蓄電池」として使う用途が注目を集めました。それ以前にも東日本大震災などで電動車が活躍してきました。

BEVは充電が必要ですが、比較的大容量の電池を搭載しているため、充電量さえあれば家庭に給電したり、家電を動かしたりするのに向いています。PHVやHVは、ガソリンや軽油を給油できればエンジンを発電機として使えるため、やはり「走る電源」としての機能を果たしてくれます。

日産では、リーフを使った「V2H/VtoH」を積極的に展開。なお、「V2H/VtoH」とは「Vehicle to Home」の略で、EVなどのバッテリーに蓄えた電気を家で使う給電システムのことです。ほかにも、クルマと電力系統との間で電力を融通し合う「Grid to Vehicle(G2V)」や車両から電力系統に電気を供給する「Vehicle to Grid(V2G)」などもあり、「G2V」や「V2G」などは各地で実証実験が行われています。なお、1500Wではe-NV200が対応していて、2019年に行われた先進技術取材会ではアイスの試食もできました。

クルマのユーザーにとって、万一の際に愛車が「走る蓄電池」になるかは、まずは1500W電源に標準もしくはオプションで対応しているかどうか、というのがチェックポイントになります。電化車両のすべてが1500W電源に対応しているワケではなく、三菱アウトランダーPHEVをはじめ、トヨタはプリウス、新型ヤリス、C-HRなど多くの車種で設定しています。

日産は、リーフもe-POWER搭載車も1500Wには対応していませんが、ニチコンなどが出している「V2H(VtoH)」対応の機器を購入する必要があります。ニチコンの「EVパワー・ステーション」の場合で価格は約40万円と結構なお値段になっています。それでもリーフ40kWhモデルの場合で、一般家庭約3日分の電力をまかなえるそうです。初期投資はかかりますが、EVとセットで使うことで給油の手間と費用がなくなり、「V2H」ですから電気代の削減にもつながります。ホンダのクラリティPHEVも1500Wは未対応で、「V2H」でクルマから家などに給電する方式。

積極的に1500W車を展開しているトヨタは、多くの車種に設定しているAC100Vアクセサリーコンセントをはじめ、非常時給電システム(プリウスPHVの場合)、ヴィークルパワーコネクター(プリウスPHVの場合)にも対応しています。

トヨタのAC100Vのアクセサリーコンセント対応車(オプションなどの設定車種)は、アルファード/ヴェルファイア、エスクァイア/ノア/ヴォクシー、シエンタ、カローラツーリング、プリウスα、カローラスポーツ、ヤリス、RAV4、ハリアー、クラウン、カムリ、プリウス、プリウスPHV、MIRAI、C-HR。レクサスはLS、ES、CT、UX、NXとなっています。他メーカーでは、日産のe-NV200。三菱自動車は、アウトランダーPHEV、デリカ、i-MiVE。ホンダはオデッセイハイブリッドが対応しています。

EVのV2Hはもちろん、ガソリンや軽油を給油できればですが、追加費用が少なくて済む上記のPHV、HVなどが万一の際の「走る蓄電池」として手軽に使えるという利点がありそうです。

(塚田勝弘)

走る蓄電池! 万一の災害時(停電時)に電源車として使えるのはどんなクルマ?(http://clicccar.com/2020/01/21/949808/)

【関連記事】