電動カーのシェア4割超! トヨタが初代プリウス発売から20年で培ってきた電動化技術とは?

電動カーのシェア4割超! トヨタが初代プリウス発売から20年で培ってきた電動化技術とは?

電動カーのシェア4割超! トヨタが初代プリウス発売から20年で培ってきた電動化技術とは?の画像

2017年暮れ、トヨタが「電動化技術説明会」なるメディア向けのイベントを開催しました。ハイブリッドでは世界を制する同社ですが、電気自動車においてはライバルの後塵を拝しているという大手メディアの論調もある中、いよいよ電気自動車テクノロジーの発表かと思いきや、会場に並んでいるのは初代から現行まで歴代プリウスの電動ユニットの部品群でした。

しかし、こうした展示を見て「トヨタは電動化の主役をハイブリッドと考えている(古いメーカーだ)」と批判的に捉えるのは間違いです。というのも、世界的なトレンドである『電動化』は100%電気自動車にするという話ではありませんし、すべてZEV(ゼロ・エミッションビークル)にするという話でもありません。部分的であっても電動化を取り入れることで二酸化炭素排出量を低減することがテーマです。つまり、欧州メーカーが言う『電動化』というカテゴリーは、電気自動車、燃料電池車、ハイブリッド(プラグインを含む)を指しているのです。

そしてグローバルにおける電動車両の新車販売規模は、2016年の実績で約323.2万台。そのうち140万台がトヨタが作ったクルマということです。シェアでいうと43%を占めるわけで、圧倒的なのです。

今回の発表のメインテーマは、1997年にプリウスを発売して以来、トヨタが磨き続けてきたハイブリッドを軸とした電動化技術ですが、こうしたテクノロジーはハイブリッドだけにとどまらず、すべての電動化に対して展開可能です。サプライズで会場を訪れた、ミスター・プリウスこと、同社の内山田竹志 会長は『20年にわたって培ってきた電動化技術を見ていただきたい』といった内容の挨拶をしました。

電動化技術の中でも電動車両に共通する3要素が「モーター」、「バッテリー」、「パワーコントロールユニット(PCU)」です。

この3要素にエンジンを足したのがハイブリッドカーで、そこに外部充電機構を加えるとプラグイン・ハイブリッドになります。また燃料電池と電動化3要素を組み合わせるとFCV(燃料電池車)になります。実際、トヨタのFCV「MIRAI」は、レクサスRX450hのモーターとPCU、カムリハイブリッドのバッテリーを流用しています。まさに長年のハイブリッド開発により電動化3要素を鍛え上げたことで、ゼロ・エミッションビークルも展開しやすくなっているのです。

そして、100%電気自動車は、電動化3要素だけで成立します。あらっぽい言い方をすれば、プラグイン・ハイブリッドからエンジンとガソリンタンクを外して、バッテリーの搭載量を増やせば電気自動車が完成するわけです。

実際、トヨタが少量生産した電気自動車「eQ」は、クラウンハイブリッドのモーター、プリウスのPCU、プリウスPHVのバッテリーを利用しています(バッテリーはセル数を約3倍に増やしたそうです)。つまり、ハイブリッドカーを開発、生産、進化させてきた20年の歴史というのは、これから電動化に本腰を入れるライバル他社に対して、大きなアドバンテージといえるでしょう。

ハイブリッドを中心に電動車両37モデルを世界中で販売しているトヨタ。日本の市場環境を見ていると、ハイブリッドが当たり前になってしまい新鮮さはありませんが、じつは数字でも技術でも電動車両トレンドをリードする存在というわけです。

(文・写真 山本晋也)

電動カーのシェア4割超! トヨタが初代プリウス発売から20年で培ってきた電動化技術とは?(http://clicccar.com/2017/11/29/535966/)

【関連記事】日本でも売れそう!ダイハツがスタイリッシュなSUV「テリオス」を発表スズキ、トヨタとの協業で2020年を目処にインドでEV生産!トヨタにも供給トヨタ自動車が2018年、中国市場にC‐HRの姉妹車「IZOA」を投入へ