【新車】ジャガーF-PACEが2018年モデルで2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンを搭載

【新車】ジャガーF-PACEが2018年モデルで2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンを搭載

【新車】ジャガーF-PACEが2018年モデルで2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンを搭載の画像

FRベースの4WDを採用するSUVのF-PACEは、XEやXFと同じアーキテクチャーを使い、ジャガーらしい切れ味鋭い走りを披露してくれます。2018年モデルでは、レンジローバー・イヴォークやディスカバリー スポーツなどと同じように、2.0L直列4気筒INGENIUM(インジニウム)ガソリンエンジンを新たに搭載しました。

出力・トルクが異なる2つの仕様を用意し、ハイスペック版は最高出力300ps/最大トルク400Nm 、ベーシック版は最高出力250ps/最大トルク365Nmとなっています。これによりエンジンのラインアップは、2.0L直列4気筒INGENIUMディーゼルエンジン(最高出力180ps/最大トルク430Nm)、3.0L V型6気筒スーパーチャージャー(最高出力380ps/最大トルク450Nm)を含めた計4種類になっています。

さらに、車載インフォテインメントシステム「InControl Touch Pro」には、オプションで通信機能が新たに導入され、スマホのアプリを介して、車両から離れた場所でのドアのロックや解除、エアコンの操作、走行履歴や車両状態を確認が可能。緊急時にはスマートロードサイドアシスタンスやSOS緊急コールに繋ぐことができます。

また、10.2インチタッチスクリーンには、前席両側から異なるコンテンツを利用できるデュアルビュー機能(かつてのランドローバー各車でもお馴染みの)が新たに採用されています。

安全面では、車の周囲360度の映像をタッチスクリーンに表示し運転操作をサポートするサラウンド・カメラシステムを強化。「フォワード・トラフィック・ディテクション」を新採用することにより、視界が遮られる場所などで前方に進む際の衝突回避をサポート。

使い勝手の面では、通常時508Lの荷室に新たに追加されたタイヤリペアキットをオプションで選択すると、650Lまでに拡大されます。さらに、後席をすべて倒せば、最大1740Lまで拡大。

ほかにも、日本導入の「F-PACE FIRST EDITION」の専用22インチ 15スポーク スタイル1020 アロイホイール(グレーフィニッシュ・コントラストインサート)をオプションに追加。さらに、2018年モデルからラグジュアリーなインテリアが特徴の新グレード「PORTFOLIO(ポートフォリオ)」が追加されます。

ボディカラーは、「フジホワイト」、「ナルヴィクブラック」、「サントリーニブラック」、「ロワールブルー」、「ユーロンホワイト」、「インダスシルバー」、「コリスグレイ」、「ブリティッシュレーシンググリーン」、「フィレンツェレッド」、「シージアムブルー」、「カルパチアングレイ」、「シリコンシルバー」の全12色。

価格は、2.0L直列4気筒ディーゼルターボ車が6,400,000円〜7,290,000円。2.0L直列4気筒ガソリンターボ仕様が6,480,000円〜8,000,000円。3.0L V型6気筒スーパーチャージャー搭載車が9,820,000円です。

(塚田勝弘)

【新車】ジャガーF-PACEが2018年モデルで2.0L直列4気筒INGENIUMガソリンエンジンを搭載(http://clicccar.com/2017/12/05/536838/)

【関連記事】【LAオートショー2017】600psを誇る「XE SV PROJECT 8」、SUV初のパワークローズ・リヤドア搭載「RANGE ROVER SVAutobiography」を出展【新車】レクサスRC/RC Fが一部改良。予防安全パッケージ「Lexus Safety System +」を標準化し、安全性を向上【新車】ダイハツの軽商用車「ハイゼット・キャディー」にも衝突回避支援システムの「スマアシV」を採用