ケンウッド彩速ナビのエントリーシリーズ「TYPE L」の2020年モデルが発売

ケンウッド彩速ナビのエントリーシリーズ「TYPE L」の2020年モデルが発売

ケンウッド彩速ナビの「MDV-L407」

■ハイレスポンス&高画質でナビ、映像を楽しめる
彩速ナビゲーション(彩速ナビ)のエントリーシリーズである「TYPE L」の2020年モデルが2月中旬から発売されます。「MDV-L407W」「MDV-L407」の計2モデルで、ワンセグチューナー内蔵モデルになります。

新モデルは、HOME画面をさらに使いやすくするとともに、最新のナビ連携型前後撮影対応2カメラドライブレコーダーの「DRV-MN940B」(1月下旬発売予定)との連携により、前方、後方録画にも対応し、安全運転をサポート。

「彩速」の名のとおり、高画質とハイレスポンスが特徴である「TYPE L」の新モデルは、鮮やかな色彩表現を実現したという7V型のWVGA液晶モニターが搭載されています。

7V型のWVGA液晶パネルとLEDバックライトの搭載、WVGAモニター用に最適化されたマップデザインにより、地図や文字、アイコンの緻密な表示やリアルな3D表現を実現。明るさが変わる昼夜でも見やすい色彩、画面設定が可能となっています。

操作性では、「ジェットレスポンスエンジンV」の搭載により、高速レスポンスを実現。同社独自の高速描画技術「ジェットレスポンスエンジンV」は、フリック、ドラッグなどスマホ感覚のタッチ操作にもすばやく反応します。

心臓部には、デュアルコアCPUが搭載され、複数のプロセスを同時並行で処理できるため、ナビしながら動画再生といった高い負荷のかかる処理もストレスなく実施できるそう。また、膨大な情報量を格納しながら高速レスポンスを実現するデータ圧縮技術「S3フォーマット」が採用され、膨大なナビデータを格納しながらスムーズに情報を活用できます。

ナビ機能では、「VICS WIDE」に対応し、統計情報を加えたより詳細な「渋滞情報」や「動的経路探索」「気象・災害情報」や「緊急情報」の取得が可能です。渋滞を避けたルート検索や気象情報などを確認でき、安全ドライブをサポート。スマホ連携も可能で、ナビと接続したスマホから地図画面のリモート操作や目的地の設定などがスムーズに行えます。また、「NaviCon」と連動したアプリも充実していて、「友達マップ」で登録した人物のいる場所をナビ画面の地図上に表示することもできます。

AV機能も充実しています。車内外のさまざまなノイズを抑え、電波が弱くてもクリアに地上デジタル放送のテレビ番組を楽しめるワンセグチューナーが搭載されています。

映画DVDはもちろん、地上デジタル放送番組の録画ディスクも楽しめるDVD再生機能を用意。映画やライブ映像などのDVD-VIDEOはもちろん、DVD-R/RWのVRモード、高画質な地上デジタル放送のテレビ番組等が録画/再生できる著作権保護技術CPRM対応のDVDディスクも再生ができます。

ほかにも、iPhone/iPodを接続し、収録された楽曲の再生が可能。USBデバイスやSDカードにも対応、デジタルデータ(音楽/動画)を手軽に車内で再生できます。

価格はオープンで、「MDV-L407W(200mmワイドモデル)」の市場予想価格は5万5000円前後、180mmモデルの「MDV-L407」も5万5000円前後です。

(塚田勝弘)

ケンウッド彩速ナビのエントリーシリーズ「TYPE L」の2020年モデルが発売(http://clicccar.com/2020/01/24/948942/)

【関連記事】