ケンウッドのエントリー向けスピーカー「RS」シリーズに、ハイレゾ音源に対応したセパレートタイプが登場

ケンウッドのエントリー向けスピーカー「RS」シリーズに、ハイレゾ音源に対応したセパレートタイプが登場

ケンウッドのエントリー向けスピーカー「RS」シリーズに、ハイレゾ音源に対応したセパレートタイプが登場の画像

■セパレートとコアキシャルタイプの計6タイプを設定
「ケンウッド」ブランドの新商品として、より市販向けカスタムフィット・スピーカーのエントリーモデル「RSシリーズ」の6モデルが2月中旬から発売されます。「RSシリーズ」として初めて、ハイレゾ音源に対応したセパレートタイプの2モデルを新たに加え、コアキシャルタイプの4モデルを合わせた計6モデルがラインアップされます。

「明瞭感」をサウンドコンセプトとして掲げ、より鮮やかな音が楽しめるスピーカーとして、車内で手軽にいい音を楽しみたいユーザーに提案するアイテムです。

4モデルのうち、「KFC-RS174S」と「KFC-RS164S」は、ハイレゾ音源再生に対応するべく、新設計のツィーターを搭載。高音域のパフォーマンスを向上させ、エントリーモデルながら手軽に「明瞭感」あるハイレゾサウンドが再現できるそう。

さらに、ツィーター振動板正面に配置した独自のウェーブ形状を持ったディフューザーが採用され、音の広がり感が向上したそう。また、ウーファー中央部に独自設計のコンケーヴ型キャップが備わり、ダイヤモンドアレイパターンが施されたウーファー振動板と合わせることで、スピード感ある豊かな低音と鮮やかに伸びる高音域が楽しめます。

一方、「KFC-RS174」「KFC-RS164」「KFC-RS124」「KFC-RS104」には、新設計のツィーターパネルが用意され、スムーズなサウンドを実現。径方向に空けられた空間と外周の壁が位相とレスポンスの乱れを排除しながら、ウーファーとツィーターの調和の取れた音を実現するそう。

全6モデル共通の特徴として、振動板の表面には、同社独自のダイヤモンドアレイパターンが採用されています。自己相似形パターンが美しいだけでなく、クリアで歪みの少ない再生が可能。また、振動板色には、新たに高級感のあるCopper色が施されています。ウーファー振動板面積を従来よりも約10%広げたことで、さらに豊かな低音を実現するとしています。

なお、マルチブラケットの標準装備化により、300車種以上に対応(「KFC-RS174S」「KFC-RS174」のみ)しているのもトピックスです。

価格(税抜き)は、17cmセパレートカスタムフィット・スピーカーの「KFC-RS174S」が15,000円。16cmセパレートカスタムフィット・スピーカー の「KFC-RS164S」が14,000円。17cmカスタムフィット・スピーカー の「KFC-RS174」が7,500円、16cmカスタムフィット・スピーカーの「KFC-RS164 」が7,000円、12cmカスタムフィット・スピーカー の「KFC-RS124」が7,500円、10cmカスタムフィット・スピーカー の「KFC‐RS104」が6,500円です。

(塚田勝弘)

ケンウッドのエントリー向けスピーカー「RS」シリーズに、ハイレゾ音源に対応したセパレートタイプが登場(http://clicccar.com/2020/01/24/949015/)

【関連記事】