【新車】マツダCX-8が予約段階で7,362台を受注。ロケットスタートを切った人気の理由は?

【新車】マツダCX-8が予約段階で7,362台を受注。ロケットスタートを切った人気の理由は?

【新車】マツダCX-8が予約段階で7,362台を受注。ロケットスタートを切った人気の理由は?の画像

2017年9月14日に発表され、12月14日に発売されたばかりのマツダCX-8。発売前の約3か月(9月14日の予約開始〜12月10日)の予約受注段階で、月間販売計画台数1,200台の約6倍の7,362台となったそうです。

展示車や試乗車が販売店に届く前の段階であり、全長4900×全幅1840×全高1730mmの大型3列シートSUVとしては、ロケットスタートいえる予約受注といえるでしょう。

気になる人気の理由は、

デザインがよく家族も乗れる、こんなクルマを待っていた
インテリア空間が上質で、後席の座り心地も良い
シートを倒せば長い物が積め、趣味も楽しめるSUVでうれしい

などだそうです。「魂動デザイン」によるスタイリングの良さと多人数乗車、ユーティリティの両立に高い評価を与える人が多いそうで、年齢層は30歳代から40歳代が中心になっています。

予約段階でのグレード別の構成比は、2列目間に専用大型コンソールボックスが用意され、本杢パネルやナッパレザーなどが備わる「L Package」が43%、先進安全装備の充実が光る「PROACTIVE」が51%となっています。

ボディカラーでは、「機械の持つ精緻な美しさの追求」をテーマに掲げた「マシーングレープレミアムメタリック」が33%、彩度や深みを増し、「魂動デザイン」の造形を質感高く際立たせた「ソウルレッドクリスタルメタリック」が13%と続いています。

(文/塚田勝弘 写真/小林和久)

【新車】マツダCX-8が予約段階で7,362台を受注。ロケットスタートを切った人気の理由は?(http://clicccar.com/2017/12/15/539882/)

【関連記事】マツダが2017年12月13日から初代ロードスター(NA型)のレストアサービスをWEBで受付開始マツダ・CX-8の3列目シートはカップラーメン食べられるほど広い【新車】マツダCX-5に採用された「バイオエンプラ」のフロントグリルとは?