【新車】ダイハツ・タントが一部改良で「パノラマモニター」を採用。特別仕様車も追加設定

【新車】ダイハツ・タントが一部改良で「パノラマモニター」を採用。特別仕様車も追加設定

【新車】ダイハツ・タントが一部改良で「パノラマモニター」を採用。特別仕様車も追加設定の画像

2017年12月14日に、スズキから新型スペーシア/スペーシア カスタムが発表され、軽ハイトワゴンの競争がさらに激化するのは間違いないでしょう。

軽ハイトワゴンのみならず軽自動車の販売を牽引するホンダN-BOXへの対抗心が新型となって現れている感があるスペーシア/スペーシア カスタム、そしてダイハツ・タントも同クラスの人気モデルになっています。

そのダイハツ・タントが12月18日に一部改良を受けました。2003年の発売以来、累計200万台以上を販売し、2014年には登録車を含めて販売ナンバー1を獲得し、ハイトワゴンの主役を担っていました。

現行モデルは、2013年10月に発売された3代目で、2016年11月に実施された一部改良では、衝突回避支援システム「スマートアシストV」がダイハツとして初めて採用されています。

今回の一部改良では、タント、タントスローパー、タントウェルカムシートに共通の装備として、計4つのカメラで車両の前後左右を映すことで、クルマを真上から見ているような映像をナビ画面に映し出す「パノラマモニター」が採用されています。

また、タントには特別仕様車の「タント X“リミテッド SAV”」、「タント カスタム X“トップエディションリミテッド SAV”」を新たに追加。両側パワースライドドアやパノラマモニター、LED ヘッドランプが装備されています。

価格帯は、タントが1,220,400円〜1,873,800円。特別仕様車の「タント X“リミテッド SAV”」は、2WDが1,485,000円、4WDが1,609,200円。「タント カスタム X“トップエディションリミテッド SAV”」の価格は、2WDが1,684,800円、4WDが1,809,000円です。

(塚田勝弘)

【関連記事】

【新車】新型スペーシア/スペーシア カスタムは軽自動車初の最新装備でN-BOXに追いつけるか!?
https://clicccar.com/2017/12/18/539897/

【新車】ダイハツ・タントが一部改良で「パノラマモニター」を採用。特別仕様車も追加設定(http://clicccar.com/2017/12/19/541176/)

【関連記事】【新車】ホンダ・フリードに緑と赤の新色とハンズフリードアのオプション追加【日欧ブランド・コラボ列伝 第1回】『ダイハツ・シャレード デ・トマソ ターボ【新車】トヨタ・ポルテ/スペイドに脱着可能なウォッシャブルカバーシートを用意した特別仕様車を設定