【新車】フーガに迫る迫力に!? 内・外装の質感を向上させた日産・スカイライン

【新車】フーガに迫る迫力に!? 内・外装の質感を向上させた日産・スカイライン

【新車】フーガに迫る迫力に!? 内・外装の質感を向上させた日産・スカイラインの画像

2017年の東京モーターショーにも出展されていた日産スカイラインが12月20日にマイナーチェンジを受けました。

今回の改良は、エクステリア、インテリアの質感向上がトピックス。外観では、フロントグリルを大型化することで、兄貴分のフーガを彷彿とさせる顔つきになり、より上級モデルになったような印象を受けます。

中でも「Type SP」は立体的な形状のバンパーになり、よりアグレッシブなスポーティさが表現されていて、「Type P」や「350GT HYBRID」は、水平基調のバンパーデザインにすることで、洗練された雰囲気が醸し出されています。

さらに、先進技術を使ったクリアなLEDリヤコンビネーションランプの採用も見どころで、より鮮明で洗練されたリヤビューも目を惹きます。

また「Type SP」に、立体的でスポーティな新デザインの切削光輝19インチアルミホイールを装着し、「Type P」には新たに18インチアルミホイール(クロームカラーコート)を標準装備。ボディカラーは「インペリアルアンバー」を含む全9色を用意。

一方の内装は、ステアリンググリップを太くすることで、握り心地を向上させるとともに、ホーンパッドを小型化。マットクロームのスポークによりスポーティさも表現されています。

シフトノブも握りやすさにこだわりながら本革やマットクローム、ピアノブラックの組み合わせによりクオリティアップが図られています。さらに、インパネにステッチが追加され、精巧なパターンのステアリングステッチもあって上質感を演出。

さらに、アナログメーターのリング照明をグレーに変更することで、センタークラスターのツインディスプレーとのコーディネイトが統一されています。ほかにも、夜間での利便性と上質感を演出する「アンビエントライトシステム」を新たにメーカーオプションで設定。

価格帯は3.5L+モーターのハイブリッドが4,955,040円〜5,840,640円。2.0Lターボが4,164,480円〜4,713,120円となっています。

(塚田勝弘)

【新車】フーガに迫る迫力に!? 内・外装の質感を向上させた日産・スカイライン(http://clicccar.com/2017/12/21/541743/)

【関連記事】日産自動車が新型EVを体感できるカーシェアサービス 「NISSAN e-シェアモビ」を開始。月額無料/15分200円から【新車】安全、ドライバー支援装備が充実した日産・エクストレイルの個性派の特別仕様車が登場【新車】日産エクストレイルに「プロパイロット」、車線逸脱防止支援システムなどを標準化した特別仕様車を設定