最終デザインが露出! ポルシェのEV・タイカンにワゴンモデル「クロスツーリスモ」設定へ

最終デザインが露出! ポルシェのEV・タイカンにワゴンモデル「クロスツーリスモ」設定へ

ポルシェ タイカン クロスツーリスモ 開発車両

■Cピラー・ルーフライン・リアクォーターウィンドウ形状も露出
ポルシェ初の市販EVスポーツ「タイカン」の派生モデルとなる「タイカン クロスツーリスモ」(仮称)市販型プロトタイプを、これまでで最もカモフラージュが軽い状態でカメラが捉えました。

豪雪のスカンジナビアで捉えた最新プロトタイプは、ベースモデル同様のスクエアなヘッドライトのアウトラインが初めて見えてきました。またCピラーやルーフからスポイラーまで被されていたカモフラージュが外され、スポイラーの形状やDピラーのデザインも確認できます。さらに、フェイクのクワッドエキゾーストパイプも削除されており、徐々に市販型へ近づいているようです。

リアクォーターウィンドウではキックアップされたクロームトリムが露出していますが、実際にはテープが貼られており、最終デザインとは断定できません。しかし、市販型でも反映されるなら「パナメーラ スポーツツーリスモ」とは逆のデザインになるため、用意に区別がつくはずです。

予想されるパワートレインは最高出力571psの「4S」、最高出力680psの「ターボ」、最高出力761ps「ターボS」など「タイカン」と同様のラインアップが予想されます。「4S」では0-100km/h加速4.0秒、上位モデルの「ターボ」では0-100k/h加速3.2秒、最上位モデルのターボSでは0-100km/h加速2.8秒・最高速度260km/hというパフォーマンスを発揮しますが、スポーツツーリスモでも同レベルが期待できそうです。

電圧は通常のEVの400Vではなく、800Vのシステム電圧を備えており、約5分で最大100kmの航続に必要な電力を充電できます。1回の充電での航続距離は、4Sが最大464km、ターボSが最大412km、ターボが450km(WLTPに準拠)となります。

ポルシェは2025年までに電気駆動システム搭載車を全体の50%に拡大する計画を持っており、次の電化モデルは「マカン」になるようです。なお、タイカン クロスツーリスモのワールドプレミアは、最速で2020年3月のジュネーブモーターショーが予想されます。

(APOLLO)

最終デザインが露出! ポルシェのEV・タイカンにワゴンモデル「クロスツーリスモ」設定へ(http://clicccar.com/2020/01/27/949755/)

【関連記事】